金買取の知識

2017年05月03日(水)
【最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場】
最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場が高くなっているので、この機会に買取に出そうという方が多いようです。


この時は、年間20万円以上の利益が出ている場合などは、確定申告が必要なケースが出てきます。


売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は税務上、譲渡所得として確定申告の対象となりますが、50万円の控除枠があるので、所得のうち50万円までは非課税です。


本当はもう少し複雑なのですが、ざっくり言って、利益が50万円未満なら全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。


万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、お客さんの身分証の提示が必須になっています。


店舗で直接買取してもらう場合は勿論として、非店舗型の業者など、対面せず郵送と振込でやりとりする場合でも同様です。


買取手続を進める前に、免許証や保険証などを店に提示し、個人情報を控えさせることになります。


商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、荷物に同梱する形で身分証のコピーを送ることで法律の要件を満たすことになります。


3%→5%→8%と上がってきた消費税。


金の購入時にも、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、自分の方が買取店に金を売却する際にも、自分が受け取る買取額は、本体価格に消費税が上乗せされた額になるのです。


ということは、消費税が上がる前に金を買っておくと、その後の売却によって、消費税の増税分を得できるのです。


今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。


さらに、日本は諸外国と比べて消費税率が低いので、日本で金を購入し、ヨーロッパ諸国など、消費税率の高い国で売るという方法で利鞘を得ることも可能かもしれません。


金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこのお金になったと聞いて、自宅にあった金製品の買取をショップに依頼してみると、刻印がないものは純度が分からないから買取できないと言われました。


持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、買取手数料の分だけワリを食ってしまうので、どうせなら全て一括で売却した方がおカネになると思い、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。


御徒町なら、専門のプロが常駐しているようなお店ばかりなので、町のショップではとてもできないような専門的な検査をしてくれて、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。


最近は金買取が流行っているようですね。


私も少し前、使わなくなった金の指輪を買い取ってもらいました。


金買取はそれまで利用したことがなく、どういうお店に持って行くのが一番いいのか迷って、ひとまずネットで情報を集めてみました。


そうしたら、貴金属のメッカといわれる御徒町に、金の買取店ばかりが集まっているエリアがあることがわかったので、最終的にはその中から一つのお店に絞り込みました。


じかに見たところ、お店はしっかりしていましたし、予想よりずっといい価格で買い取ってもらえました。


09:42






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++