金買取の知識

2017年05月05日(金)
【少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかっ】
少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。


勧誘の電話にも色々あるとはいえ、金買取の話はこれまでになかったので、まずは話を聴いてみることにしたのです。


いわく、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、処分を検討している品物があれば買い取ってくれるという内容でした。


丁度、昔買った宝石がタンスに眠っているのを思い出し、そのお店の名を控え、ネットでも調べてみました。


金の買取を初めて利用する際、ぜひ注意してほしいのは、誠実で信頼できるお店を選ぶことです。


広告に出ている買取額以上に、様々な観点から、その業者が信用できるかどうかをよく検討した上で利用する必要があります。


ちょっとでも悪評判が付いている店は手を出してはいけません。


素人は買取金額が高いお店に飛びつきがちですが、それで客を釣っておいて、いざ査定の段で様々な手数料を取ろうとする店もあるので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。


長いこと自宅に眠っている金製のネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。


市場において金の純度を証明するため、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。


Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。


K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントだと思えばほぼ間違いありません。


同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによって販売や買取における価格が大きく変わるのです。


手持ちの金製品を買取に出すとしても、良い買取店を見極める方法で最初は迷うものですよね。


いくらかでも高い金額にしてくれる店がいいというのは、すべてのお客さんが思うことでしょう。


お店選びの最もわかりやすい基準は、ネットで見られる、お客さんからのレビューや口コミです。


口コミでの人気が高ければ、それだけ買取に満足だったケースが多いのが容易に見て取れます。


最近は金買取を掲げるお店が増えてきましたが、そこでは本当に多くの種類のアイテムに値段をつけてもらえます。


金というといかにも富豪の趣味という気がして、何百万円もする高級品を最初に思い浮かべるケースが多いようですが、高級品だけが金買取の対象ではありません。


メガネや金歯などもその一例です。


メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯なども買取ショップでは売却することができます。


14:12






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++