金買取の知識

2017年05月07日(日)
【最近問題になっている事件についてお伝えします。】
最近問題になっている事件についてお伝えします。


自宅に業者がやってきて、自宅にある金製品の売却を迫り、相場以下の値段で買取を行う、訪問購入と言われるスタイルで被害に遭ったという方が増えているようで、法規制も行われています。


この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、なかなか首を縦に振らない人には、強引に買取を強行してくることもあるのです。


当然、こういうことをする業者はまともな商売人ではなく、後々の証拠となるような書類もほとんど渡してくれないので、少しでも怪しいと思ったらすぐに追い帰すのが吉です。


初めての金買取。


お店選びで迷うというのはよく聞く話です。


わざわざ売りに行く以上、可能な限り高く売却できるのがいいというのは誰でも同じだと思います。


いいお店を選ぶ時の要点は、何と言っても、お客さんからの人気でしょう。


多くのお客さんから高く評価されているお店なら、ちゃんとした買取をしてお客さんを満足させているということです。


これを参考に、信頼できるお店を選びましょう。


手持ちの金製品を買取に出す時には、果たして満足できる金額になるのか、誰しも気にされるところですよね。


でも、買取額は一概には言えません。


景気や需要に応じて、金の相場は刻一刻と動いているため、店頭で買取してもらう際の金額もそれに伴って変わることになります。


ですから、納得いく金額で買取に出したいのであれば、毎日の金相場をネットなどで確認して、金の値段が上がったタイミングを見逃さないことが重要だといえます。


金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。


純度は「○K」という形で表され、最大は24K(純金)です。


合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、18Kなど、数字が24以下になります。


この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。


そして、金に何を混ぜているかによって、金の色や呼び方が違うのです。


18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどと色々な種類があるのです。


買取店に金製品を持ち込む際に、大切なのは純度だということです。


金製品の買取で出来る限り高値を付けてもらうためには、買取時の諸々の手数料がかからないお店を当たるというのが基本ですね。


それに、現状の金の価格相場がどうなっているか常に把握するのも怠ってはいけません。


買取では、グラム数が多いほど査定額も高めに付けてもらえるのが一般的なので、10グラムを下回るような量ならあまり気にする必要はありません。


WEB上には、高額での金買取を掲げた広告がたくさんありますが、その手の話は詐欺やトラブルと直結しているのがほとんどなので、上手い話に騙されないようにしましょう。


14:36






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++