金買取の知識

2017年05月10日(水)
【金に限った話ではないですが、買取は贋物と】
金に限った話ではないですが、買取は贋物との戦いです。


偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。


本物の金そっくりに巧妙に偽装された金メッキ製品で、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。


ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。


中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、金の表面を少し削り取ることで、容易に真贋を判別できるのです。


金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけど何年も使っていない貴金属製品を自宅に置いたままにしておくのはいかにもムダでしょう。


使わない貴金属の処分に困ったときは、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。


主な買取対象といえば金ですね。


純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、それと比べればやや低めの買取金額になりますが、買取と言って一般にイメージされるよりはずっと高い金額で手放すことができるでしょう。


金を買取に出そうと考えたとき、一般的に利用されているのは、金の高価買取を掲げているような、街のお店でしょう。


とはいえ、専門店は素人には敷居が高かったり、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人は、やはり少なくないようです。


そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。


催事場で限定出店のこともあれば、専門の店が入っていることもあります。


デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、初めての方でも利用しやすいでしょう。


金買取のサービスが最近流行っています。


金の装飾品などは、家にずっと眠ってはいるけど、ブームが過ぎてしまったなどで処分を検討している人もいるでしょう。


そのような金やプラチナ製品をお持ちの場合、買取ショップを利用してみてはどうでしょうか。


ただ、それが本物の金やプラチナかどうかは気をつけないといけません。


自分は本物だと思っていたのに、鑑定してもらうと贋物だった事例もあるのです。


そのようなケースでは、買ったときに騙されていたのだと諦めるしかありません。


買取価格には自信があります、などと言うからお店に行ってみたら、あれやこれやと理由をつけて結局定額で最後は半ば強引に買い取られてしまった、などの「被害」に遭ってしまった経験をお持ちの方もいるでしょう。


多くの業者は真っ当に商売をしていますが、中には犯罪めいたことに手を染めている店もありますから、十分気を付けなければなりません。


自分や知人がこういう事態に巻き込まれてしまったら、消費者センターで専門家に話を聞いてもらい、必要な対処をお願いしましょう。


15:54






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++