金買取の知識

2017年06月10日(土)
【金の買取を掲げている店舗では、装飾品以外】
金の買取を掲げている店舗では、装飾品以外にも、様々な商品に値段をつけてもらえます。


金というといかにも富豪の趣味という気がして、投資目的の地金を思い浮かべる場合がほとんどかもしれませんが、意外にも日用品にも金が使われているものがあるのです。


例を挙げれば、金縁の眼鏡がそうでしょう。


メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯なども買取ショップでは売却することができます。


純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。


カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。


合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、18Kなど、数字が24以下になります。


18Kは1000分の750という純度です。


そして、金に何を混ぜているかによって、金の色や呼び方が違うのです。


銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと変化します。


ある金製品が幾らで売れるかの目安として、大切なのは純度だということです。


金の価値が上がっている昨今、様々な種類の店舗が金やプラチナの買取を取り扱うようになりました。


中でも有力なのが、リサイクルショップですね。


自宅で使わなくなった不要品を持ち込める店ですが、需要の拡大に応え、金やプラチナの買取サービスを始める店も一般的になってきたのです。


鑑定眼もしっかりしているので、安心して利用できます。


不要になった貴金属の売却を考えているなら、買取価格などを調べてみてもいいと思います。


金買取がメジャーになってきていますが、前に私もタンスの奥に仕舞い込んでいた金製品を買取に出しました。


金買取はそれまで利用したことがなく、適切な売却先がよく分からなくて、ひとまずネットで情報を集めてみました。


そしたら、東京都台東区の御徒町という地域に、様々な金買取店が並んでいるところがあったため、最終的にはその中から一つのお店に絞り込みました。


店員さんの対応も丁寧だったし、妥当と思われる金額で買取してもらうことができました。


もう身に着けなくなり、自宅で眠っているプラチナや金製の指輪などの装飾品は案外多いのではないでしょうか。


ただ捨てるだけではしのびないという方は、買取ショップへの持込みを検討してもいいと思います。


金やプラチナを専門に買い取ってくれるところもあちらこちらにありますので、本当に高額で売却できるかどうか複数のお店で見てもらって検討してみてください。


10:54






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++