金買取の知識

2017年08月07日(月)
【一口に投資といっても対象は色々あります。中でもゴールド】
一口に投資といっても対象は色々あります。


中でもゴールド(金)は代表的なものでしょう。


何と言っても金は値崩れしにくいのです。


ドルや円のように、世界情勢の影響で価値が変わることがあまりないためです。


高級品として世界中で認知されているのも、金の値崩れが少ない理由なのです。


しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、手元の金を売ろうとする前に、今、金相場が下がっていないか、一度チェックしておくのが無難です。


最近メジャーになっているのが、宅配と振込でやりとりが完結する、宅配による金買取サービスです。


その中身を説明すると、まず買取対象の品物を専用の梱包パックでお店に送り、あとは店頭に持ち込んだ場合と同様に査定を受けるというものです。


買取額の通知を受けたら、その額で買取してもらうかを決めればいいのです。


店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取ならネットで24時間いつでも申し込めるので、お店に行く時間がないという方から好評を得ています。


ずっとプラチナだと思っていた指輪などを買取ショップに持って行ったら、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したという何とも残念なケースがままあると聞きます。


こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。


プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。


K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、プラチナではなくホワイトゴールドだということになります。


代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、勿論、金買取の対象になります。


高価な貴金属の保管場所には皆さん気を遣われるようです。


そこまで多くの量がないなら、自宅での保存で十分となりますが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。


自宅に置いておける限度を超えて金を所有するときは、安心安全を求め、安心という点では申し分ない、銀行の金庫に保管することが多いですし、金を売買する業者でも有料の保管サービスを受け付けています。


それでも、どうしても不安なら、思い切って専門店に売却して現金化するのも解決法としてアリでしょうね。


ここのところ、金相場の高騰に伴って、不要になった金製品やプラチナ製品をお売り下さいという内容のテレビCMをよくやっている印象です。


実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、「金製品 買取」や「プラチナ 買取」といった言葉で検索したら、高価買取を謳う宣伝のページがたくさんヒットします。


どうせ不要の品物を売るのなら、お店選びにまでこだわる必要はないと感じるかもしれませんが、貴金属の価値というのは、相場の変動があるので、相場を見て、最適のタイミングを狙って売るといいです。


16:24






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++