金買取の知識

2017年09月06日(水)
【買取ショップが街に溢れる昨今。】
買取ショップが街に溢れる昨今。


初めて金買取をしてもらう場合は、実際いくらになるのか、買取額の目安が気になりますが、金の買取価格は相場によって変動するものです。


貴金属の価値というものは、国際的な相場によって変動するので、実際の買取額もそれに応じて変わります。


そういうカラクリになっているので、少しでも高値での買取をご希望の方は、常に情報収集を怠らず、刻一刻と変わる相場の情報を押さえることが大事になってきます。


金買取を利用してみたいと思っても、近くに買取店がない場合もあるでしょう。


そういうときは、WEB上で気軽に申し込める郵送買取がオススメです。


利用を申請すると、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。


その後、査定してほしい品物を入れて送り返します。


早ければ翌日には、電話やメールなどで査定額の提示があるので、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、銀行口座への振込で買取代金を受け取れます。


金の取引は昔から犯罪と切っても切り離せない仲であり、時にはお客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。


金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。


対して、偽物を見抜く方法も色々あります。


磁石、刻印の入り方に加え、比重計があれば比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。


中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、本物の金でないことはすぐにわかります。


相次ぐ不況で金の市場価値が上がっていると聞き、もう使わなくなった金のアクセサリーを買取ショップに持っていったところ、刻印が入っていないものは買取れないと言われてしまいました。


持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、買取手数料の分だけワリを食ってしまうので、刻印の無いものでも一括で買取してくれるお店はないかと思い、多くの貴金属店が軒を連ねる御徒町に足を運んでみました。


御徒町なら、専門のプロが常駐しているようなお店ばかりなので、純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。


リーマンショック以降、いわゆる「金プラ買取」系のテレビCMをよくやっている印象です。


実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、「金製品 買取」や「プラチナ 買取」といった言葉で検索したら、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。


いくらかでも現金になるのなら、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、金の価格は相場によって変わります。


それに伴って買取価格も変わるので、高く買取してもらうためには相場のチェックは欠かせません。


15:48






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++