金買取の知識

2017年09月07日(木)
【金の買取を初めて利用する際、ぜ】
金の買取を初めて利用する際、ぜひ注意してほしいのは、詐欺まがいの店の被害に遭わないよう、慎重に店を選ぶことだといえます。


広告に出ている買取額以上に、様々な観点から、その業者が信用できるかどうかをよく検討した上で利用する必要があります。


レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店はどんなに広告の文句が良くても、利用してはいけません。


買取価格は高い方がいいと思うかもしれませんが、手数料の額によっては、結局他の店と変わらない金額しか受け取れないので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。


誰でも気軽に利用できる金買取ですが、重要なのは、その金製品は現実にどれだけの金額での買取が見込めるのか見込額を知ることだと思います。


製品の価値はモノによって異なりますが、金自体の価格の計算法を知っておけば目安になります。


日々変動する金の国際価格に対し、まずそれを金の重量単位である1トロイオンスで割り、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。


金価格はネットでも調べられるので、情報を把握しておき、店舗に出ている買取価格が適正な数字かどうかが自分で分かるようにしておくことをお勧めします。


金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけどもう全然使っていない、さりとて捨てるのも憚られるという貴金属類をただタンスの奥に仕舞っておくのは何だかもったいない気がしますよね。


自分のことかなと思ったあなたには、買取を扱っている店に売りに行くのはどうでしょうか。


主な買取対象といえば金ですね。


24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。


その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、多くの人が想像しているよりは十分高い額の臨時収入が期待できます。


未だ記憶に新しいリーマンショック。


それからこの頃までに、ゆっくりとではありますが、市場における金の買取価格が上がりつつあります。


近頃はそれに加えて、ユーロに加盟していたギリシャが経済破綻を起こし、預金の引き出し制限も発動されました。


このことも、先のリーマンショックと同じく、金の価値が高騰する引き金だったと考えられます。


金買取業者を名乗るものが突然自宅を訪れ、使っていない金製品を買い取りますなどと言い、二束三文で買い叩いていく、訪問購入と言われるスタイルで被害に遭ったという方が増えているようで、法規制も行われています。


この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、簡単に応じないと見るや、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。


後から売却をキャンセルされまいと、もちろん、ちゃんとした契約書なども出してくれません。


少しでも怪しいと思ったらすぐに追い帰すのが吉です。


16:36






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++