金買取の知識

2017年10月03日(火)
【デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、も】
デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう使わない金製の指輪やネックレス、イヤリングなどを持て余している人は案外多いようです。


そこで役立つのが金買取ショップです。


金やプラチナの買取を扱っている店舗を探し、ウェブサイトなどに載っている買取価格を参考にして、最も良い条件で売却できる店はどこか、色々と見て比べてみるといいでしょう。


鑑定料や手数料、目減り分の減額も店によって異なるため、よく調べて、有利な店を探してください。


中学生や高校生など、18歳未満は基本的に、責任を取れないので、法律の規定により単独で買取サービスを利用することができません。


未成年者の非行を防ぐ意味合いでも、店ではそれ以外にも独自の規定を設けているケースが多く、成人しない内は、単独では利用できないのが一般的でしょう。


未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、親が付いて行って代わりに申し込むか、親の書いた同意書の提示が必要ですし、それをしていない店があれば逆に怪しいので気を付けてください。


買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、売りたい金製品はいくらの値段になるのかを事前に知っておくことでしょう。


基本的な算出方法を以下に示します。


日々変動する金の国際価格に対し、まずそれを金の重量単位である1トロイオンスで割り、現時点でのドル円為替レートをかけたものが、その時の日本国内における金価格です。


金価格はネットでも調べられるので、情報を把握しておき、適正価格での買取が行われているのかが自分で分かるようにしておくことをお勧めします。


手持ちの金製品を買取に出す時には、何より買取額を気にされていることでしょう。


しかし金の値段は常に決まっているわけではありません。


金の国際価格やドル円レートは日々変わっているので、同じ量の金でも日によって価格が変わってくるのです。


なので、手元の金を少しでも高い値段で手放したいなら、新聞やテレビ、インターネットなどの情報にアンテナを張り、その日その日の金の値段を頭に入れておくことが大事になってきます。


プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたという何とも残念なケースがままあると聞きます。


見た目は似ていますが、両者は全く違う金属で、価値も大きく異なります。


古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、色合いの似ているホワイトゴールドをプラチナの代わりに用いるようになったのです。


アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、その純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。


プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。


20:18






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++