金買取の知識

2017年10月04日(水)
【一口に金と言っても、その純度によって色々な種類】
一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。


よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。


金以外の金属が入っている場合(合金)なら、18Kなど、数字が24以下になります。


例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。


銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと様々に色合いが変わるのです。


金製品の価値を測る上で、純度によって大きく値段が変わるのだと思っておいてください。


ご自宅に眠っている金製品を、少しでも高く手放したければ、買取時の諸々の手数料がかからないお店を選択するのが何よりの基本になります。


それに、現状の金の価格相場がどうなっているか常に把握するといった工夫もできるといいでしょう。


少しずつ売るより一度に多く持ち込んだ方が買取額で有利になりますから、全部で10グラム程しかないのであれば、相場を気にしたところであまり意味はありません。


また、高額買取を前面に出したWEB広告を最近は多く見かけるようになりましたが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、その手の広告を出している店はなるべく避けるのがいいでしょう。


金やプラチナ製のアクセサリーは、昔もらったものでも、ずっと使い続けるのが嫌で長らくご無沙汰という場合もあるでしょう。


捨てるのもしのびないという人は、最近流行りの金買取を利用してみるのも一案です。


とはいえ、もちろん本物でないと買い取ってもらえません。


金やプラチナのように見えても、精巧に作られた偽物かもしれません。


買取店でそう言われてしまったときは、不運だったと泣き寝入りするしかないと思います。


貴金属の代表といえば金とプラチナですが、より高価なのがどちらかは知っていますか?ここのところ金の価格も追いついてきましたが、元々高かったのはプラチナです。


百年ほど前は今よりもっと顕著でした。


それには、金と比べて特定の地域だけに偏在していることや、総生産量の圧倒的な少なさが多分に影響しているのです。


人類が現在までに産出したプラチナの量は、金の30分の1に過ぎません。


プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、世界のどこでも通用する価値を持っていますが、あまりの希少性の高さが、その価格を引き上げる要因となっているのです。


世界的な不況で金の市場価値が上がっている昨今、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、これを新たな商機と見て、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。


中には全国に展開しているようなところもあります。


そういう店舗がどこにでもあるのは便利なことでしょうし、ライバルが増えればそれだけ高値の買取を掲げるお店も増え、より良質のサービスの提供に努めるお店が増えると思われます。


店員の接客の質までも上がる可能性があります。


利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。


23:06






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++