金買取の知識

2017年10月08日(日)
【要らなくなった金のアクセサリー等を】
要らなくなった金のアクセサリー等を買取店に持ち込む前に、留意すべき点があるのです。


すなわち、ある金製品を買取に持ち込むとしても、どこに持っていくかによっても諸々の手数料などを差し引かれた上での買取代金は全く異なるという点です。


WEBサイトに載っている情報などをくまなく調べ、何処に売るのが一番得になるか色々な情報を総動員して判断しましょう。


買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、自分の手元の金製品は、一体いくらの値段での買取が見込めるのかという見積を事前に立てられることです。


品物によっても異なりますが、金の値段の基本的な計算法は、金の国際価格はその都度変動しています。


その数値を、重量単位の1トロイオンスで割って、ドル円レートを掛けると、国内金価格が算出できるのです。


よく知らないまま安く売却してしまわないように、正確な相場を把握しておき、お店の買取提示額が適切かどうか自分で見極められるようにしておきたいですね。


手元にある金を高値で買い取ってもらいたいなら、買取手数料などが無料、あるいはなるべく安い店舗を選ぶ必要があります。


加えて、日々変わりゆく金の相場に目を光らせておくことも必須であるといえます。


一度に売却する金の量が多ければ、それだけ査定額も有利になるので、10グラムを下回るような量ならあまり気にする必要はありません。


また、高額買取を前面に出したWEB広告を最近は多く見かけるようになりましたが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、鵜呑みにしないことが大事です。


金買取では売る側にも責任が生じます。


そのため、18歳未満は、古物営業法という法律の定めるところにより、単独で買取サービスを利用することができません。


さらに、法律の趣旨を拡張する形で、お店にもそれぞれの決まりがあり、18歳を過ぎていても未成年であれば単独では利用できないのが一般的でしょう。


そもそも、未成年者は民法上も、単独では取引ができませんから、保護者(主に親)が署名した同意書の持参が必要ですし、それをしていない店があれば逆に怪しいので気を付けてください。


金の買取は、古物の取引になるので、多くの店では買取時の身分確認を徹底しています。


従来通りにお店に行って買取してもらう場合は勿論のこと、ネットを通じて郵送で買取を進める場合も必ず身分証の提示が必要です。


買取の際には、免許証など公に認められた身分証明証の提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。


直接店に行かず、郵送で買取を進めるなら、身分証の写しと合わせての発送で法律の要件を満たすことになります。


00:42






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++