金買取の知識

2017年11月03日(金)
【近年では、店頭ではなくネットを通じて金買取を行う業者】
近年では、店頭ではなくネットを通じて金買取を行う業者も出てきています。


メールで写真を送ると、買取額の目安を教えてくれる店舗も見られます。


店頭での買取でも身分証を提示しますが、郵送で買取してもらう場合も、商品と一緒に、免許証などの写しを送ることになります。


出来る限り高い値を付けてもらうには、色々なお店のサイトを見比べて、一番良い所を選びましょう。


買取にかかってくる様々な手数料が一切ない店も少なくないため、色々な情報をもとに売却先を検討してください。


金に限った話ではないですが、古物買取においては、お店は、売却する人の身分確認をしなければならないと法律で決まっています。


買取を依頼する際には、お店で直接買取する場合のみならず、商品を先に送ってお金を振り込んでもらうなどの形式も必ず身分証の提示が必要です。


公的な身分証明書、たとえば免許証や保険証などを店に提示し、個人情報を控えさせることになります。


商品を発送して後日お金を振り込んでもらう形式なら、身分証のコピーを同時に送ることによって店はお客さんの身分確認を行います。


ここのところ金買取のCMをテレビでもよく見ます。


先日、私もタンスの奥に仕舞い込んでいた金製品を買取に出しました。


それまでそういうお店とは縁がなかったため、適切な売却先がよく分からなくて、ネットの情報に頼ることになりました。


そしたら、東京都台東区の御徒町という地域に、昔から多くの金買取業者が店を構えているエリアがあり、最終的にはその中から一つのお店に絞り込みました。


じかに見たところ、お店はしっかりしていましたし、買取金額も高かったので、上機嫌で帰りました。


消費増税が思わぬ儲けのチャンスだと知っていましたか? 金を買う時には、普通の買い物と同じく、消費税をとられますが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、お店から受け取る買取額には消費税分が上乗せされるのです。


このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、その後の売却によって、消費税の増税分を得できるということになります。


この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、ハンガリーやノルウェー、スウェーデンなど消費税率の高い国で売却することでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。


今では身に着けなくなった金製のアクセサリーなどの売却時には、以下の内容を頭に入れておいてください。


金の買取価格は、相場に従って日々変動している上、店舗ごとの基準によって、実際に自分が受け取れる金額はそれぞれ異なっていることです。


ですから、WEBサイトに載っている情報などをくまなく調べ、損しない売却先はどこか、色々な情報を総動員して判断しましょう。


00:30






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++