金買取の知識

2017年11月04日(土)
【せっかくの金買取。気を付けなければならないのは】
せっかくの金買取。


気を付けなければならないのは、何より相場の変動に気を配ることでしょう。


少しでも高値で手放すことができるよう、毎日変動する相場を入念にチェックし、いつ買取に出すかを決めましょう。


金買取では、申込時の相場により買取額が変動することがほとんどです。


上手く相場の波に乗り、なるべく高値で買い取ってもらいましょう。


手持ちの金製品を買い取ってもらいたい場合でも、善は急げとばかりに、すぐに買取に持ち込むのは得策ではありません。


皆さんが思っている以上に、景気の変化などにより、貴金属は価値に大きな変動が生じやすいためです。


そのため、ネットなどで金の相場を日々確認しておき、高値になるタイミングを見逃さないことこそが、買取で得をするカギとなります。


金の価値が上がっている現在では、色々なお店が金の買取サービスを実施しているので、調べて利用してみるのもいいと思います。


金に限った話ではないですが、貴金属は相場変動が激しいので、相場の情報を定期的にチェックするようにしましょう。


手数料などのシステムも店舗によりけりなので、近所のお店に考えなしに買取を依頼すると、「他所で売ればもっと高くなったのに!」と後悔する可能性もあります。


また、不要な金を買い取るといって自宅に来るタイプもありますが、そうした業者は、相場より大幅に安い額での買取を無理に迫ったりするので論外です。


近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に高くなっているので、手持ちの金製品を買取に出したというケースでは、その金額や状況によりますが、確定申告が必要なケースが出てきます。


売却額から購入時の費用などを差し引いた利益は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。


売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら実質的には税金は課されないということです。


一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。


よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。


純金でなく他の金属との合金の場合は、18Kなど、数字が24以下になります。


金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。


銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどのバリエーションがあります。


ある金製品が幾らで売れるかの目安として、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。


01:18






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++