金買取の知識

2017年12月10日(日)
【金の買取を業者に依頼するにあたって必ず気にし】
金の買取を業者に依頼するにあたって必ず気にしなければならない点としては、買取価格の相場を把握することに尽きます。


少しでも高値で手放すことができるよう、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、最適のタイミングで買取に出しましょう。


店が買い取る額は、申込の時の相場によって決まることがほとんどです。


相場の変動を味方につけて、最も高い時期に手放しましょう。


金には色々な種類があります。


種類を決めているのは主に金の純度です。


金の純度は伝統的に24分率で表現され、銀や銅など他の金属との合金であるものは、「18K」などになります。


勿論これは純金より安いのです。


例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。


18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトと変化します。


金製品の価値を測る上で、結果を左右するのは純度というわけです。


手持ちの金製品を売却したいと思ったとき、普通に思い至る売却先といえば、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。


ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、裏から怖いお兄さんが出てくるのではないか、などと思っている人も多くいるのではないでしょうか。


そんな方でも安心して利用できるのが、デパートの金買取ですね。


よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。


やはり小さなお店よりもデパートの方が信用があり、初めての方でも利用しやすいでしょう。


金買取業者は大抵の場合、未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限を設定しているのが普通です。


そのため、未成年の人は買取を利用できないというのが原則です。


もっとも、沢山あるお店の中には、成人していなくても、18歳から利用できる場合もあります。


しかし、その場合でも保護者の同意書は必要です。


しかし、たとえ親の同意があっても、多くの店では高校生からは買取をしてくれません。


金買取業者の多くは法律を守って適正に買取を行っていますが、中には悪質な詐欺の事例も存在しています。


中でも「訪問購入」のケースは悪質なものが多いので気を付けましょう。


主婦しか居ないような時間帯を狙って家を訪れ、要らない金製品を買い取るとゴリ押しするものです。


こうした訪問購入は近年問題視され、法規制もされていますが、店に売りに行く場合と比べて非常に買取金額が低かったり、廃品回収か何かのように、粗品を渡して金を持って行ってしまう場合すらあります。


話に応じる素振りを少しでも見せると、後が面倒なので、そういう業者がやって来ても、一切相手にしないようにしましょう。


14:48






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++