金買取の知識

2018年01月04日(木)
【昔は使っていたけど今は不要だとい】
昔は使っていたけど今は不要だという指輪などの金製品を持っている人は、買取ショップに引き取ってもらうことをオススメします。


しかし、どこの店舗に持っていくかによって売却金額は変わりますから、色々なお店のウェブサイトなどをチェックした上で、なるべく高値になりそうな店を選ぶべきです。


高価な品物であればあるほど、僅かな基準額の差で大きな違いが出るため、事前の情報収集は欠かせません。


プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、それより価値の劣るホワイトゴールドの品だったというエピソードはよく聞きます。


こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。


本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。


ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればその純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。


プラチナと比べれば安いですが、それでも金ですから、勿論、金買取の対象になります。


多くの金買取は法律に則って誠実に行われていますが、一方で、一部ではタチの悪い詐欺もはびこっているので気を付けなければなりません。


悪質な詐欺のケースは、訪問型の買取に多いと言われています。


いきなり家にやってきたかと思うと、金製品を買取させてくれと一方的に言って居座ってくるのです。


こちらが相場などを知らないのをいいことに、納得できない安価で買い叩かれてしまったり、売却に同意するまで玄関先に居座って帰らないなどの悪質さも目立ちます。


少しでも話を聴く余地を与えてしまうと強引に押し切られるので、怪しい人間が訪ねてきたら、きっぱりと拒絶してください。


金買取のシステムは店によって千差万別です。


手数料や「目減り」などを取る店もあります。


金の溶解時に目減りする分を差し引いてくる店もあります。


これらの費用を設定している店で買取してもらうと、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、買取の対価として実際に手元に入る金額は結局、低額になってしまいます。


上手いこと騙されてるような気がしますね。


皆さんも、利用するお店を選ぶときには、費用の有償・無償はチェックしておいてください。


一昔前と違い、今は色々なお店が金の買取サービスを実施しているので、調べて利用してみるのもいいと思います。


相場の変動によっても大きく買取金額が変わるので、現在の価格をチェックして、最適のタイミングで売りましょう。


手数料などのシステムも店舗によりけりなので、たまたま見かけただけのお店を選んだ結果、思ったほどのお金にならない可能性もあるのです。


ちなみに、自宅をいきなり訪問して金の買取を行う「訪問購入」の買取業者はトラブルや詐欺も多いので、気をつけてください。


20:18






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++