金買取の知識

2018年01月05日(金)
【消費増税が思わぬ儲けのチャンスだ】
消費増税が思わぬ儲けのチャンスだと知っていましたか? 金を買う時には、もちろん消費税も課されるのですが、今度はその金をお店で買い取ってもらう際には、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。


なので、一度金を買っておけば、その後の売却によって、消費税の増税分を得できるということになります。


この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、ハンガリーやノルウェー、スウェーデンなど消費税率の高い国で売却するといった利益の上げ方も有り得るかもしれません。


金買取を利用してみたいと思っても、金買取を受け付けている店舗が近場にないという場合は、ネットを通じた郵送買取を利用してみましょう。


まずは住所・氏名などを書いてフォームで送信することで、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。


その後、売りたい金製品を入れ、業者に返送すればいいのです。


何日かすると、電話やメールなどで査定額の提示があるので、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、すぐに振込があります。


忙しくて店に行けない方にも便利です。


ご自宅に眠っている金製品を、少しでも高く手放したければ、手数料、鑑定料などの費用が安価か無料になっているところを当たるというのが基本ですね。


少しでも高額で手放すため、日々の相場の変動をチェックしておくのも重要でしょう。


持ち込む量が多いほど査定額も高くなるものなので、ごく少量、例えば10グラム程の買取なら、相場であまり差は出ません。


WEB上には、高額での金買取を掲げた広告がたくさんありますが、相場より高く買い取るなどといった広告はほぼ詐欺か悪質業者ですので、その手の広告を出している店はなるべく避けるのがいいでしょう。


若い頃やバブルの頃に調子に乗って買い集め、何年も使っていない貴金属製品を何もせず放っておくのはあまりに惜しい気がします。


使わない貴金属の処分に困ったときは、貴金属買取のお店に売却することをお勧めします。


金は劣化しないので、古いアクセサリーでも価値があるのです。


24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。


買取となればそれより若干安くはなるものの、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段の臨時収入が期待できます。


金持ちは全ての資産を現金で持っておくなどしないものです。


昔から資産家の間でよく使われているのは、景気や国際情勢の影響を受けない金を保有しておく形です。


まず調べておきたいのは、金をどこで買うかということですね。


金を買ってみるのも悪くないなとお思いの方は、購入時の価格や条件が店舗ごとに違うので、そうした情報をサイトに明記している、信用できそうなお店から買うことが大切です。


それならば、金の価格が高騰して、いざ手放したいとなった時にも失敗しないでしょう。


20:48






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++