金買取の知識

2018年01月08日(月)
【金買取業者の中には、ネットでの申し込みを受】
金買取業者の中には、ネットでの申し込みを受け付けているところがあります。


サイト上で大体の買取価格を載せている場合もあり、ネットでお客さんを掴もうという営業努力が見られます。


ネットを通じて買取をしてもらう時は、身分証のコピーを送らなければならないことが法律で定められています。


また、なるべく高値での買取を狙うなら、念入りに業者を探さなければなりません。


鑑定料や、買取時にかかる手数料をゼロと謳っている店も最近は多いですので、色々な情報をもとに売却先を検討してください。


派手に遊んでいる子は未成年でも貴金属を当たり前に持っていたりしますが、金買取の店舗ではトラブルを避けるため、年齢制限が設けられている場合が多いです。


なので、成人である証明がなければ買取の利用はできないのが一般的です。


僅かながら、利用が18歳から可能なケースもあるのですが、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。


加えて、たとえ18歳からOKの店でも、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。


高価な貴金属には偽物も付き物であり、偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。


素人には当然判別できないような、巧妙に作られた贋物で、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。


しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えばそれが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。


中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、金の真贋や純度を判別する「試金石」を用いれば、たとえ見た目や比重を似せてあっても、容易に真贋を判別できるのです。


金買取の業者って電話でも営業してるんですね。


この前そういう電話がかかってきました。


勧誘の電話にも色々あるとはいえ、買取というのは今まで聞いたことがなかったため、ちょっと中身を聞いてみようかという気になりました。


色々と聴いてみたら、アクセサリーなどの貴金属や宝飾品で、もう要らない商品をその業者に売却できるという話でした。


丁度、昔買った宝石がタンスに眠っているのを思い出し、利用してみてもいいかなと思いました。


手元の金製品を処分したいといっても、買取ショップが近所にない方は、店頭に行かなくても、郵送買取を利用すれば買取してもらえます。


利用を申請すると、品物を送る専用の容器が送られてくるので、それに売却したい金製品を入れて返送するだけでOKです。


しばらくして、メールで査定額を教えてもらえるので、自分がその金額を承諾すれば、銀行口座への振込で買取代金を受け取れます。


22:06






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++