金買取の知識

2018年02月08日(木)
【金のネックレスやブレスレット】
金のネックレスやブレスレットといった装飾品、あるいは指輪など、今では全然身に付けていないという金製品をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。


使わない貴金属の処分に困ったときは、専門のお店に持っていけば買い取ってくれます。


一例として金の買取の場合を考えてみます。


24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。


買取となればそれより若干安くはなるものの、買取と言って一般にイメージされるよりはずっと高い金額で売却できる可能性が高いです。


金製品の買取をしてもらう際には、近隣の買取専門店に品物を持って行って買い取ってもらうのが最も一般的な方法ではないかと思います。


自分も見ている前で商品を誠実に鑑定してくれ、適切な価格で買い取ってくれるので、郵送買取などと違って安心できます。


お客さんが不安にならないよう、金額の説明などをしっかり行っているお店も少なくないですから、お客さんとしても、ちゃんと納得する形で手続を進めることができるようになっています。


年間50万円以上の利益が出ている場合などでなければ、金買取による利益に税金がかかることは無いと考えていいでしょう。


専門に金買取を扱う業者などだと、売買で動くお金も莫大ですから、事業所得として金額を申告し、何重もの税金を支払っていることでしょう。


しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。


ですから気にする必要はないのですが、法律の変更などもありますから、お店の人に確認してみることで不安を払拭しておきましょう。


手持ちの金製品を買取に出すとしても、良い買取店を見極める方法で迷うというのはよく聞く話です。


どうせ手放すのなら、少しでも高い金額で買い取ってもらいたいのは当然ですよね。


では、どんな基準で選べばいいのか。


ポイントは、ネットで見られる、お客さんからのレビューや口コミです。


ネットレビューで高評価のところは、お客さんからの満足度が高いと言えます。


初めて利用する際にはそういうお店を選ぶといいですよ。


消費増税が思わぬ儲けのチャンスだと知っていましたか? 金を買う時には、買物である以上、消費税が勿論かかりますが、自分の方が買取店に金を売却する際にも、なんと消費税分が買取価格に上乗せして受け取れるのです。


このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、消費税が上がったタイミングで売ることで、何万円か得することになるわけです。


にっくき消費増税が逆に味方になるわけですね。


さらに、日本は諸外国と比べて消費税率が低いので、日本で金を購入し、消費税率が20%を超えるヨーロッパ諸国のような国に持って行って売却するという方法で利鞘を得ることも可能かもしれません。


20:54






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++