金買取の知識

2018年05月05日(土)
【消費税が5%から8%に上がった】
消費税が5%から8%に上がったのは記憶に新しいですね。


金の購入時には、買物である以上、消費税が勿論かかりますが、ここからがポイント。


金を買取に出す際には、お店から受け取る買取額には消費税分が上乗せされるのです。


なので、一度金を買っておけば、消費税が上がったタイミングで売ることで、何万円か得することになるということになります。


また、消費税の安い日本で買った金をヨーロッパなどの消費税が高い国に持ち込んで売るといった利益の上げ方も有り得るかもしれません。


便利な金買取ですが、一部では明らかな詐欺もあるので気を付けてください。


特に注意するべきは、訪問型の買取を名乗る詐欺です。


金買取業者を名乗るものが自宅までやって来て、要らない金製品を買い取るとゴリ押しするものです。


最近では法規制の対象になりましたが、そんなのどこ吹く風といって、納得できない安価で買い叩かれてしまったり、ひどい場合には現金すら渡さず、粗品と引換にされてしまうケースもあります。


弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、しっかりと拒絶し、自分の財産は自分で守りましょう。


金の買取を利用する上で多くの方が気にするのは、相場というか、現実に何円くらいの価格を付けてもらえるのかという見積を事前に立てられることです。


基本的な算出方法を以下に示します。


その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。


買取で損しないためにも、こうした計算法や相場を知っておいて、適正価格での買取が行われているのか自分で見極められるようにしておきたいですね。


株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、最たるものが金でしょう。


何と言っても金は値崩れしにくいのです。


通貨は国際情勢でレートが変わりますが、金はその影響をほぼ受けないからです。


世界のどこに行っても貴重品として認識されていることも、金の値崩れが少ない理由なのです。


そうは言っても、全く変わらないわけではないので、手元の金を売ろうとする前に、今、金相場が下がっていないか、一度チェックしてから売るのがいいと思います。


不況の影響もあってか、一般の人々からも金買取の需要が高まっているので、それをビジネスチャンスと見てか、金買取に参入する業者が増えてきました。


複数の系列店を出すところも増えているようです。


沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、他の店との競争になることで買取価格が上がるなど、利用客に優しい方向に全体が変わっていくのではないでしょうか。


お店の人も、よりお客さんに優しくなるかもしれないですね。


利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。


15:48






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++