金買取の知識

2018年06月06日(水)
【最近はどこでも金買取の店を見かけるようになりました】
最近はどこでも金買取の店を見かけるようになりました。


利用時の注意点は、悪質な店に騙されないよう、お店選びに慎重になることです。


買取額の高さなど、表面的な部分だけではなく、周りの口コミやレビューなどから、その店の信頼性を厳しくチェックしてください。


昨今はネットで調べればすぐ情報が出てくるので、悪いことを書かれている店は手を出してはいけません。


買取額が他と比べて高い場合は特に注意してください。


そういう店ほど高額な手数料を取るケースがあるので、見積後、成約の前に必ず確かめてください。


未だ記憶に新しいリーマンショック。


それから今日に至るまでで、徐々にですが、買取市場では金の買取価格が上昇に転じているようです。


近頃はそれに加えて、ギリシャでは経済危機の深刻化に伴い、銀行預金の引き出しが無期限で封鎖されました。


この出来事もまた、リーマンショックと並んで、金の市場価格を引き上げる起爆剤だったと考えられます。


昔は使っていたけど今は不要だという貴金属があれば、買取ショップに引き取ってもらうことをオススメします。


しかし、同じ品物であっても、どこに売却するかによって買取金額は大きく違ってくるので、色々なお店のウェブサイトなどをチェックした上で、好条件の買取をしている店舗に売るのが得策です。


一点だけならともかく、いくつも売る場合は、買取額にも大きな差が出てきますので、なるべく多くの情報を集め、お店選びに活かしましょう。


店への持ち込みではなく、業者のほうが家に来て、使わなくなった金製品を買取りますなどとしつこく言ってくる訪問購入というケースがあり、問題視されています。


業者の提示した買取金額がどう考えても安すぎだったり、強迫的な態度に負けて売却に合意してしまったなどと、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。


悪質な訪問購入で被害に遭ってしまった場合でも、平成24年の特定商取引法改正に伴い、クーリングオフ制度の対象となったので、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できることを知っておいてください。


中学生や高校生など、18歳未満は基本的に、法律や都道府県の条例の定めに従い、金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。


さらに、法律の趣旨を拡張する形で、店ではそれ以外にも独自の規定を設けているケースが多く、未成年者は、たとえ18歳以上でも、少なくとも一人では買取を利用できません。


また、そもそも未成年は取引行為ができないのが基本であり、保護者(主に親)が署名した同意書の持参が必要ですし、それをしていない店があれば逆に怪しいので気を付けてください。


21:18






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++