金買取の知識

2018年06月07日(木)
【金持ちは全ての資産を現金で持っておくなどしないもの】
金持ちは全ての資産を現金で持っておくなどしないものです。


定番といえば、総資産の10%から15%を金に変えて持っておくスタイルです。


まず調べておきたいのは、果たしてどこで金を買えばいいのかという情報です。


金の購入をご検討されている方は、店ごとに価格が異なりますので、その日の金単価をサイトなどに載せている、信用できそうなお店から買うことが大切です。


買った時の店がちゃんとしていれば、逆に売る時も不安にならなくて済むと思います。


リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、金の高価買取を掲げるお店も大変多くなりましたから、複数のお店の情報を見比べてみましょう。


その時の相場に基づいて買取額は決まるため、手放すタイミングはよく検討しなければなりません。


さらに、お店によって鑑定料や手数料のシステムも異なるので、考えなしに店を決めようものなら、他の店と比べて大幅に買取額が下がることもあります。


また、訪問購入といって、向こうから自宅にやってくるタイプの業者は、相場より大幅に安い額での買取を無理に迫ったりするので論外です。


近頃では、いわゆる「金プラ買取」系の店舗が急激に増えているようで、よく広告を目にしますね。


WEB上でも、「金 買取」などのワードで検索をかけると、高価買取を謳う宣伝のページがたくさんヒットします。


もう使わない宝飾品が少しでもお金になるのなら、別にどこの店を選んでも大差ないと思う人もいるでしょうが、金の相場が大きく変われば当然、買取金額にも影響が出るので、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。


リーマンショック以降、金の買取サービスを利用する人は増えており、これを新たな商機と見て、金買取に参入する業者が増えてきました。


フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。


沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、価格競争になることで、買取金額が全体的に高くなったり、良い方向への変化が期待できると思います。


お客さんに横柄な態度を取るような店は淘汰され、接客の質の良い店だけが残りそうです。


利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。


金やプラチナ製のアクセサリーは、昔もらったものでも、ブームが過ぎてしまったなどでさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。


自宅にそうした商品を眠らせている方は、金買取のお店で売ってしまうのも正解でしょうね。


注意するべきは、手元の金やプラチナ製品が本物かどうかです。


メッキ加工の偽物の場合もあります。


鑑定士にそのように言われたら、運が悪かったと思って諦めることです。


21:42






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++