金買取の知識

2018年07月04日(水)
【高級品の代名詞でもある金とプラチナ。】
高級品の代名詞でもある金とプラチナ。


しかし、どちらがより高いのかまで把握している人はあまり居ないように思います。


プラチナの方が原則的には高価です。


百年ほど前は今よりもっと顕著でした。


それには、元々の埋蔵量の少なさが挙げられます。


ちなみに金の年間生産量約2500トンに対し、プラチナは約200トンしかありません。


金とプラチナは、いずれも安定した分子構造を持ち決して経年劣化がないので、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、1グラム5000円を超えるほどの高値の理由になっています。


依頼してもいないのに自宅にやってきて、言葉巧みに金の買取を持ち掛け、相場より遥かに安い価格で買い取っていく、悪質な訪問購入の事案が増加しており、警察や消費者センターの対応も追いついていないようです。


まるで持ち主に利益があるかのようなことを言い、断ろうとすると、態度を豹変させ、無理やり買取を進めるという場合が多いようです。


このような業者は詐欺も同然であり、後々の証拠となるような書類もほとんど渡してくれないので、こういう人間が来ても一切相手にせず、追い返すようにしてください。


プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたという何とも残念なケースがままあると聞きます。


こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。


本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、色合いの似ているホワイトゴールドをプラチナの代わりに用いるようになったのです。


K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、ホワイトゴールドです。


ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。


代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。


買取業者が自宅までやって来て、しつこく金を買い取ろうとしてくるという迷惑な事例があります。


これは訪問購入と呼ばれます。


買取金額があまりに低かったり、時にはグラム数を誤魔化されていたり、執拗に勧誘されて断り切れず売ってしまったといって、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。


このように問題の多い訪問購入ですが、これに関しては訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できることを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。


相次ぐ不況で金の市場価値が上がっていると聞き、家に眠っていた金製品を近所の買取ショップに持っていったのですが、純度を示す刻印が入っていないから、値段は付けられないと言われてしまいました。


持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、少ない点数では手数料を引くとあまりおカネにならないので、できることなら手持ちの品物をまとめて全部売りたいと思って、多くの貴金属店が軒を連ねる御徒町に足を運んでみました。


御徒町なら、専門のプロが常駐しているようなお店ばかりなので、専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、全ての品物を無事に買い取ってもらうことができ、大満足でした。


13:42






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++