金買取の知識

2018年08月04日(土)
【買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえ】
買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、その金製品は現実にどれだけの金額になるのかという見積を事前に立てられることです。


基本的な算出方法を以下に示します。


ドル建ての国際価格を、金の重量単位として使われる1トロイオンス(日本では31グラムほど)で割り、現時点でのドル円為替レートをかけたものが、その時の日本国内における金価格です。


金価格はネットでも調べられるので、情報を把握しておき、お店が妥当な金額で買取を行っているかどうかが自分で分かるようにしておくことをお勧めします。


金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたなどの話は昔からよく聞かれます。


こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。


本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。


ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればホワイトゴールドだという証です。


代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、それなりの値段で買い取ってもらえるのは確かです。


手持ちの金製品を買取に出す時には、いくらで売れるか誰もが気にしますが、金の価格は一定ではなく、その時の相場によって変わってきます。


国際情勢や景気の良しあしなどにより、金の相場はその都度変わるので、同じ量の金でも日によって価格が変わってくるのです。


そのため、少しでも高い金額での買取をご希望の方は、常に情報収集を怠らず、金の値段が上がったタイミングを見逃さないことが重要だといえます。


万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、お店は、売却する人の身分確認をしなければならないと法律で決まっています。


従来通りにお店に行って買取してもらう場合は勿論のこと、非店舗型の業者など、対面せず郵送と振込でやりとりする場合も何らかの形で身分確認をしなければなりません。


免許証や保険証、パスポートなど、公的機関の発行した身分証を店に提示し、個人情報を控えさせることになります。


直接店に行かず、郵送で買取を進めるなら、身分証の写しと合わせての発送で法律の要件を満たすことになります。


金買取業者の中には、ネットでの申し込みを受け付けているところがあります。


実際に申し込む前に、オンライン査定で大体の目安がわかる店舗も見られます。


ネットを通じて買取をしてもらう時は、商品と一緒に、免許証などの写しを送ることになります。


また、なるべく高値での買取を狙うなら、サイトなどの情報で、店ごとの買取価格を比較することが大事です。


査定にかかる手数料や、目減りによる減額をゼロと謳っている店も最近は多いですので、色々な情報をもとに売却先を検討してください。


15:36






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++