金買取の知識

2018年10月05日(金)
【金買取をめぐる詐欺や類似の事件が多発しています。買】
金買取をめぐる詐欺や類似の事件が多発しています。


買取業者が自宅を訪問し、言葉巧みに金の買取を持ち掛け、相場より遥かに安い価格で買い取っていく、訪問購入と言われるスタイルで被害に遭ったという方が最近増えているようです。


この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、なかなか首を縦に振らない人には、強引に買取を強行してくることもあるのです。


後から売却をキャンセルされまいと、後々の証拠となるような書類もほとんど渡してくれないので、被害に遭わないよう十分注意してください。


久しく会っていなかった祖母が先日亡くなり、私も遺品の指輪をもらったのですが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。


最近よく見かける金買取ショップに持っていけばいいと聞いて、なんとなく怪しげなイメージもあったのですが、金買取は怖くないと知人から聞いていたので、利用してみることにしました。


そうしたら、古い品物でも誠実な査定をしてくれ、お店の雰囲気も思ったより開放的でいい感じでした。


金額もいい意味で予想を裏切るものだったので、利用してみて正解だったと今では思います。


プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、それより価値の劣るホワイトゴールドの品だったという何とも残念なケースがままあると聞きます。


もちろん、両者は別物です。


プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。


K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、その純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。


なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。


手持ちの金製品を売却したいと思ったとき、一般的に利用されているのは、買取ショップや質屋さんなどでしょう。


とはいえ、専門店は素人には敷居が高かったり、詐欺やトラブルが有り得るのではないかと感じてしまう方は、やはり少なくないようです。


さて、そういう場合には、デパートでの買取がお勧めです。


よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。


一般の買取ショップと比べると安心感があり、街の買取ショップより人気の場合もあります。


金買取がブームですね。


古いネックレスがいくらで売れるか気になる人は、刻印を見てみるのがいいと思います。


一般に流通している金製品には、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。


このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。


K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントというのが一定の目安になります。


もちろん、この純度が何%であるかによってその金製品の買取価格も違ってくるということになります。


02:54






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++