金買取の知識

2018年10月08日(月)
【手持ちの金製品を売却したいと思った】
手持ちの金製品を売却したいと思ったとき、候補に挙がってくるのは、金の高価買取を掲げているような、街のお店でしょう。


しかし、そういう店はなんとなくコワイという人や、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人が私の周りにも多くいます。


そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。


常設のお店がなくても、期間限定の催しとして行っている場合も少なくありません。


デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、一見さんでも利用しやすいので人気なのでしょう。


未だ記憶に新しいリーマンショック。


それからここ数年で、決して急速というわけではないですが、買取市場では金の買取価格が上昇に転じているようです。


さらに、これも記憶に新しいことですが、ユーロに加盟していたギリシャが経済破綻を起こし、銀行預金が自由に引き出せなくなってしまいました。


こうした事態もまた、買取市場における金の価格が上昇する要因であると言えるでしょう。


金買取業者の中には、ネットでの申し込みを受け付けているところがあります。


買取額の目安がサイト上で見られたり、メールで簡単査定を受け付けている業者も多いようです。


しかし、郵送で買取を行う場合、商品と一緒に、免許証などの写しを送ることになります。


また、なるべく高値での買取を狙うなら、サイトなどの情報で、店ごとの買取価格を比較することが大事です。


買取にかかってくる様々な手数料が引かれないところも多いですから、そうした情報も参考にして、売却するお店を選ぶといいです。


ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、自宅にあった金製品の買取をショップに依頼してみると、刻印が入っていないものは買取れないと言われてしまいました。


刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。


できることなら手持ちの品物をまとめて全部売りたいと思って、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。


そこでは、金の買取を専門とするプロのスタッフが査定を担当してくれました。


専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、私の持ち込んだ金製品に全て値段を付けてくれました。


金の買取を掲げている店舗では、装飾品以外にも、様々な商品を売却することができます。


一般に、金買取という言葉からは、豪華な屋敷の金庫に入っている金の延べ棒などにばかり考えが至りがちですが、高級品だけが金買取の対象ではありません。


例を挙げれば、金縁の眼鏡がそうでしょう。


メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯などでも買い取ってくれる場合が多いです。


07:18






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++