金買取の知識

2018年10月09日(火)
【アクセサリーなどの金製品を手放したい】
アクセサリーなどの金製品を手放したいと思っていても、近くに買取店がない場合もあるでしょう。


そういうときは、郵送で買取してもらえるサービスもあります。


まずは住所・氏名などを書いてフォームで送信することで、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。


その後、査定してほしい品物を入れて送り返します。


数日と経たない内に、買取価格がメールなどで知らされるので、その金額でよければ承諾の連絡を返し、その後、銀行口座への振込で買取代金を受け取れます。


業者の人間が突然自宅を訪れ、一方的に金製品を買取させてくれと居座ってくる場合があり、「訪問購入」として法規制の対象になっています。


買取金額があまりに低かったり、時にはグラム数を誤魔化されていたり、強迫的な態度に負けて売却に合意してしまったなどと、悔やんでも悔やみきれない方が少なくありません。


しかし、安心してください。


訪問購入については訪問販売の場合と同じように、クーリングオフができるように法改正されたので、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できるのを頭に入れておくことをお勧めします。


ショップやネットなどの金買取の市場では、アクセサリーをはじめとして色々なものを売却することができます。


「金の買取」などと言うと、投資目的の地金を思い浮かべる場合がほとんどかもしれませんが、私達の手の届く範囲にも金製品は意外と多いものです。


メガネや金歯などもその一例です。


金で出来てさえいれば、眼鏡のフレームや金歯でも買い取ってくれる場合が多いです。


多くの金買取は法律に則って誠実に行われていますが、一方で、一部では明らかな詐欺もあるので気を付けてください。


悪質な詐欺のケースは、訪問型の買取に多いと言われています。


いきなり家にやってきたかと思うと、要らない金製品を買い取るとゴリ押しするものです。


訪問販売の「押し売り」とよく似た「押し買い」のケースですが、納得できない安価で買い叩かれてしまったり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。


玄関先に上げてしまうと非常に危険なので、そうなる前に拒絶の意思を示し、追い帰すのが得策です。


純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。


カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。


合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。


例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。


割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。


18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどと様々に色合いが変わるのです。


手持ちの金を買取してもらうときに、結果を左右するのは純度というわけです。


07:30






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++