金買取の知識

2018年11月05日(月)
【金製品を売却したいと思っても、どこのお店に持ち込め】
金製品を売却したいと思っても、どこのお店に持ち込めばいいのか慣れていないと悩む人が多いみたいですね。


どうせ手放すのなら、少しでも高い金額で買い取ってもらいたいのはすべてのお客さんが思うことでしょう。


初めての方が注目するべきは、「利用者からの人気」が第一です。


口コミでの人気が高ければ、それだけ買取に満足だったケースが多いのが容易に見て取れます。


金製品の買取をしてもらう際には、買取してもらいたい商品を、ショップに直接持ち込むのが最も一般的な方法ではないかと思います。


鑑定士などと呼ばれる専門スタッフが直ちに商品を鑑定してくれ、適正価格で見積を出してくれますから、不安要素はありません。


どうしてその値段になったのかなど、丁寧に説明してくれる店舗も多いですので、金額をうやむやにされることもなく、しっかり納得して手放すことが可能です。


初めての方でも安心ですね。


銀行預金や投資信託などと併せて、資産を保存する方法としてメジャーなのが、総資産の10%から15%を金に変えて持っておくスタイルです。


まず調べておきたいのは、数百万円もの金を、どこで、どのように買えばいいのかです。


金を買ってみるのも悪くないなとお思いの方は、ホームページや店頭で金の売買価格をしっかり公表している、実績・信頼のしっかりしたお店を選択するようにしましょう。


そういうお店で買った金なら、売却時にもセーフティですよね。


長いこと自宅に眠っている金製のネックレスの売却を望む方は、刻印を確認してみましょう。


それが本当に金製であれば、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。


このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。


含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%と解釈してください。


もちろん、この純度が何%であるかによって販売や買取における価格が大きく変わるのです。


金やプラチナなどの買取ショップでは、未成年への利用規制が原則としてあります。


したがって、中高生など未成年は買取してもらえないというのが原則です。


僅かながら、利用が18歳から可能なケースもあるのですが、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。


しかし、たとえ親の同意があっても、多くの店では高校生からは買取をしてくれません。


05:06






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++