金買取の知識

2018年11月10日(土)
【金買取を利用してみたいと思っても、金買取】
金買取を利用してみたいと思っても、金買取を受け付けている店舗が近場にないという場合は、店頭に行かなくても、郵送買取を利用すれば買取してもらえます。


利用を申請すると、品物を送る専用の容器が送られてくるので、査定してほしい品物を入れて送り返します。


早ければ翌日には、買取価格がメールなどで知らされるので、自分がその金額を承諾すれば、買取代金が振り込まれます。


これならどこに居ても利用できますね。


要らなくなった金のアクセサリー等を買取に出す際は、注意するポイントがあります。


金買取のルールは明確に決まっているわけではないので、持ち込む店舗により、最終的な買取価格は全く異なるという点です。


買取額の基準や、手数料などのルールを確認しておいて、どの店舗の買取を利用するか、色々な情報を総動員して判断しましょう。


現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、純金でなければ当然それより安い額になります。


これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。


ですから、現実の買取では、それだけで200万円に達するには、必要な量は大体570グラムといったところでしょうか。


近頃は18金よりも安価な10金も増えてきましたが、24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。


ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。


お手持ちの金製品を売却したい方は、買取店の店頭で直接品物を見てもらい、買取をしてもらうケースが最も多いようです。


自分も見ている前で商品を誠実に鑑定してくれ、その場で現金を受け取れますから、郵送買取などと違って安心できます。


利用者のために、成約の前にしっかりと説明を設けている場合が多いため、お客さんとしても、ちゃんと納得する形で手放すことが可能です。


初めての方でも安心ですね。


誰でも気軽に利用できる金買取ですが、重要なのは、自分の手元の金製品は、一体いくらの値段での買取が見込めるのかという見積を事前に立てられることです。


目安として、日本における金価格の算出法を知っておきましょう。


その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、さらにドルと円の為替レートを掛けます。


すると、日本国内の金価格が算出できます。


こうした基本的な計算法を活用し、お店の買取提示額が適切かどうか判断できるようになっておくといいでしょう。


08:48






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++