金買取の知識

2018年12月14日(金)
【貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、警】
貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、警察の指導もあり、多くの店舗では本人確認を厳しく行っています。


従来通りにお店に行って買取してもらう場合は勿論のこと、ネットを通じて郵送で買取を進める場合も必ず身分証の提示が必要です。


最も一般的なのは免許証ですが、他にも保険証などの身分証の提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。


郵送した商品を査定してもらう場合は、そういった身分証の写しを一緒に送ることで必要な手続きに変えるというのが普通です。


日本経済にも大幅な景気後退をもたらしたリーマンショック以降、現在までの数年間で、徐々にですが、市場における金の買取価格が上がりつつあります。


また世界の金融を巡る動きとしては最近、ギリシャでは経済危機の深刻化に伴い、預金の引き出しにストップが掛けられました。


このことも、先のリーマンショックと同じく、金の市場価格を引き上げる起爆剤だったと考えられます。


最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。


サイト上で大体の買取価格を載せている店もあります。


どこも様々な工夫を凝らしているのですね。


郵送などで買い取ってもらう場合も、店頭の場合と同様、買い取ってもらう品物と合わせて、身分証のコピーを送ります。


出来る限り高い値を付けてもらうには、店ごとの条件を比較検討して、合った店を選択することです。


鑑定料や、買取時にかかる手数料が引かれないところも多いですから、なるべくそういう店を選びたいものですね。


純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。


カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。


金以外の金属が入っている場合(合金)なら、「18K」などになります。


勿論これは純金より安いのです。


例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。


金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等と様々に色合いが変わるのです。


手持ちの金を買取してもらうときに、大切なのは純度だということです。


高価な貴金属の保管場所には皆さん気を遣われるようです。


そこまで多くの量がないなら、自宅での保存で十分となりますが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。


自宅に置いておける限度を超えて金を所有するときは、強固なセキュリティが必要になるので、自宅に置かずに銀行の貸金庫に入れていることもありますし、最近では金を買った会社に有料で保管を依頼することもできます。


とはいえ、どこに置いておいてもリスクが完全に0ということはないでしょうから、心配なら金の形で資産を保全することにこだわらず、専門業者の買取に出してしまうのも良い方法だと思います。


07:54






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++