金買取の知識

2018年12月21日(金)
【この中には初めて金買取を利用】
この中には初めて金買取を利用する方も多いと思います。


まず重要なことは、どのお店に買取をお願いするかということです。


店を選ぶ秘訣は、買取価格を見ることは勿論、買取までの流れや、振込ならそのタイミングなど、見るべき点は多いです。


そして最も基本の部分としては、店の取引実績や評判を確認しなければなりません。


信用できる情報源はそのお店で実際に買取をしてもらった人のレビューです。


多くの人から好評を得ている店舗を選びたいものですね。


金買取というのが流行っているそうですが、先日はその業者から電話がありました。


保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、話だけでも聞いてみることにしました。


色々と聴いてみたら、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、処分を検討している品物があれば高額買取で引き取ってくれるということなのです。


それなら色々あったなあと思って、試しに査定してもらうことにしました。


万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、多くの店では買取時の身分確認を徹底しています。


従来通りにお店に行って買取してもらう場合は勿論のこと、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式にも同じように本人確認が求められます。


免許証や保険証、パスポートなど、公的機関の発行した身分証の提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。


郵送した商品を査定してもらう場合は、免許証などをコピーして同封することで法律の要件を満たすことになります。


金買取は、直接店に行かなくても、ネットでも可能です。


サイト上で大体の買取価格を載せている店舗も見られます。


ネットを通じて買取をしてもらう時は、商品と一緒に、免許証などの写しを送ることになります。


また、なるべく高値での買取を狙うなら、色々なお店のサイトを見比べて、一番良い所を選びましょう。


買取額が高くても手数料を引かれてしまう場合もありますが、手数料が引かれないところも多いですから、なるべくそういう店を選びたいものですね。


最近は未成年が高額な品物を身に付けていることも多いですが、金買取のお店では20歳未満からの買取の禁止を定めているとところが大半でしょう。


よって、未成年が金製品を持ち込んでも買取を断られるケースが大半だと思われます。


僅かながら、利用が18歳から可能なケースもあるのですが、未成年者単独でお店に行く場合、保護者の同意書が必要になります。


また、18歳以上で親の同意書がある場合でも、高校生ならやはり買取は不可能です。


13:36






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++