金買取の知識

2018年12月22日(土)
【昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その】
昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中では鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を無償にしている店ならいいですが、有料の店も少なくありません。


手数料を設けている店に買取を依頼すると、色々な名目で買取額が減額されて、買取の対価として実際に手元に入る金額は低くなることになります。


上手いこと騙されてるような気がしますね。


買取を利用する際には、この点を確認しておくことをお勧めします。


18歳に達していない青少年は、法律や都道府県の条例の定めに従い、金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。


青少年が犯罪被害に巻き込まれることを防ぐためにも、お店にもそれぞれの決まりがあり、20歳未満は買取を断られることが多いようです。


たとえ未成年者からの買取を受け付けている店舗であっても、保護者(主に親)が署名した同意書の持参は絶対に必要です。


それ無しで買取している店はマトモではないので注意しましょう。


お手持ちの金製品を買取に出す際、留意すべき点は、金の相場をちゃんと知っておくことです。


なるべく高価の買取になるように、その日その日の相場を把握した上で、いつ買取に出すかを決めましょう。


実際の買取額は、申込時の相場で決定されるのが一般的といえます。


上手く相場の波に乗り、可能な限り高い値段で売りたいものですね。


長年身に付けていない貴金属のアクセサリーをお持ちの方は、買取に出すのも手です。


しかし、どこの店舗に持っていくかによって売却金額は変わりますから、ネットで事前に情報を調べて高額買取している店を探してみるのが吉ですね。


一点だけならともかく、いくつも売る場合は、店の違いによって金額も大違いになりますから、よほど慎重に店舗を比較検討する必要があります。


金とプラチナはどちらが値段が高いのかは普段意識することがないでしょう。


一般に、プラチナは金よりも一段高いと言われています。


その理由には、金と比べて特定の地域だけに偏在していることや、総生産量の圧倒的な少なさを無視できないでしょう。


プラチナも金も、錆びたり腐ったりせず何百年でも安定した価値を保ち続けるので、世界共通の価値を持つ国際商品としての地位を確立していますが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、1グラム5000円を超えるほどの高値の理由になっています。


13:42






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++