金買取の知識

2019年01月03日(木)
【日本経済にも大幅な景気後退をもたらしたリーマンショッ】
日本経済にも大幅な景気後退をもたらしたリーマンショック以降、今日に至るまでで、徐々にですが、金を売却する際の買取価格が上がってきているようです。


近頃はそれに加えて、ギリシャでは経済危機の深刻化に伴い、預金の引き出し制限も発動されました。


リーマンショックに続き、この経済破綻も市場での金の価格が上がる切っ掛けだったと考えられます。


リーマンショック以降、金の買取サービスを利用する人は増えており、その需要に応じて、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。


全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。


買取を頼める店が多くなるのはいいことですし、ライバルが増えればそれだけ高値の買取を掲げるお店も増え、利用客に優しい方向に全体が変わっていくのではないでしょうか。


接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。


買取をお願いするお客さんには、望んでいたシチュエーションといえるでしょう。


最近はどこでも金買取の店を見かけるようになりました。


利用時の注意点は、悪質な店に騙されないよう、お店選びに慎重になることです。


買取額だけに注目するのではなく、怪しげな店ではないか、本当に信用していいのかをよく調べてから利用しましょう。


ちょっとでも悪評判が付いている店は利用しないほうがいいでしょう。


買取額が他と比べて高い場合は特に注意してください。


そういう店ほど高額な手数料を取るケースがあるので、できれば見積に出す前に確かめられるといいでしょう。


金買取業者は大抵の場合、未成年への利用規制があるのが当たり前です。


このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうケースが大半だと思われます。


とはいえ、例外的に、利用が18歳から可能なケースもあるのですが、その場合は親権者の署名捺印が必要なので面倒です。


加えて、たとえ18歳からOKの店でも、高校生ならやはり買取は不可能です。


長いこと自宅に眠っている金製のネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。


ニセモノの金でなければ、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。


このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。


「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントだと思えばほぼ間違いありません。


純度が高いか低いかにより、その金製品の買取価格も違ってくるということになります。


02:12






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++