金買取の知識

2019年01月07日(月)
【一昔前と違い、今は色々なお店が金の買取サービスを実施】
一昔前と違い、今は色々なお店が金の買取サービスを実施しているので、ネットで情報収集することもお勧めです。


金に限った話ではないですが、貴金属は相場変動が激しいので、相場の情報を定期的にチェックするようにしましょう。


手数料などのシステムも店舗によりけりなので、よく調べないまま店舗に行ってしまうと、「他所で売ればもっと高くなったのに!」と後悔する可能性もあります。


また、訪問購入といって、向こうから自宅にやってくるタイプの業者は、詐欺の可能性も高いので避けておきましょう。


銀行預金や投資信託などと併せて、昔から資産家の間でよく使われているのは、景気や国際情勢の影響を受けない金を保有しておく形です。


この方法を採用するなら、まず考えることは、果たしてどこで金を買えばいいのかという情報です。


新たに金の購入を始められるなら、金相場に基づくその日の販売価格、買取価格を表に出している、ちゃんとした信頼のある店舗で買うようにするといいでしょう。


それならば、金の価格が高騰して、いざ手放したいとなった時にもセーフティですよね。


消費増税が思わぬ儲けのチャンスだと知っていましたか? 金を買う時には、もちろん消費税も課されるのですが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、買取額に消費税分がプラスされます。


つまり金の購入には実質、消費税がかからないようなもの。


なので、一度金を買っておけば、消費増税に伴って、売約時の受取額が少しだけ上がって得をすることになります。


消費増税サマサマじゃありませんか。


この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、消費税率の高い国に持って行って売却することでも同様に利益を上げられる可能性があります。


リーマンショック以降、金の買取サービスを利用する人は増えており、それをビジネスチャンスと見てか、金買取に参入する業者が増えてきました。


複数の系列店を出すところも増えているようです。


沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、価格競争になることで、買取金額が全体的に高くなったり、より良質のサービスの提供に努めるお店が増えると思われます。


店員の接客の質までも上がる可能性があります。


利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。


金の買取店舗を選ぶ際に参考になるのが、金額のシステムです。


専門家による鑑定の費用や、買取に伴う手数料などを有償で設定している店もあります。


その他、目減り、重量の端数分などの減額も有り得ます。


買取時、こういった費用を取る店だったら、表向きの買取額が高くても、実際に受け取る金額が結局、低額になってしまいます。


なんだか損した気分になりますね。


買取を利用する際には、どういう費用が発生するかは事前に確認しておくことです。


07:24






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++