金買取の知識

2019年01月09日(水)
【金買取をめぐる詐欺や類似の事件が多発してい】
金買取をめぐる詐欺や類似の事件が多発しています。


買取業者が自宅を訪問し、言葉巧みに金の買取を持ち掛け、相場より遥かに安い価格で買い取っていく、いわゆる「訪問購入」による被害が多くなっていると聞きます。


この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、こちらが申し出に応じなければ、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。


こうした業者は、ハナから真っ当な取引をするつもりなどなく、見積書や契約書などの書面を渡してくれないケースも多いので、少しでも怪しいと思ったらすぐに追い帰すのが吉です。


せっかく金買取を利用するなら高く売りたいもの。


高額で売却するためには、手数料、鑑定料などの費用が安価か無料になっているところを当たるというのが基本ですね。


それに、現状の金の価格相場がどうなっているか常に把握するといった工夫もできるといいでしょう。


一度に売却する金の量が多ければ、それだけ査定額も有利になるので、少しだけの買取、具体的には10グラム以下なら、それほど相場は気にしなくていいでしょう。


また、高額買取を前面に出したWEB広告を最近は多く見かけるようになりましたが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、鵜呑みにしないことが大事です。


お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり留意すべき点は、何より相場の変動に気を配ることでしょう。


できるだけ高い価格で買い取ってもらえるよう、その日その日の相場を把握した上で、売却の時期を決定するのです。


買取市場では、買取申込の際の相場で買取額を決められるのが原則です。


相場の確認を欠かさず、高値で売れるようになれば一人前です。


貴金属の代表といえば金とプラチナですが、より高価なのがどちらかを即答できる人は少ないかもしれません。


一般に、プラチナは金よりも一段高いと言われています。


その理由には、元々の埋蔵量の少なさを無視できないでしょう。


金とプラチナは、いずれも安定した分子構造を持ち決して経年劣化がないので、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、生産量や流通量のあまりの少なさが、その価値を担保しているのです。


プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたなどの話は昔からよく聞かれます。


こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。


最近は金高騰で価値が変わらなくなったとはいえ、元々プラチナは金よりも高価でしたから、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。


ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればホワイトゴールドです。


ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。


代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、勿論、金買取の対象になります。


07:54






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++