金買取の知識

2019年02月07日(木)
【金のアクセサリーを買取に出そうという際に、】
金のアクセサリーを買取に出そうという際に、候補に挙がってくるのは、最近多い「金・プラチナ買取」系のお店ですよね。


ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、どうしても信用しきれないという人も一定数いるでしょう。


そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。


デパートの中にお店を構えている場合もあれば、催事場でやっている場合もあります。


専門店は敷居が高くても、デパートなら誰でも行きやすく、一見さんでも利用しやすいので人気なのでしょう。


ショップやネットなどの金買取の市場では、アクセサリーをはじめとして色々なものが買取の対象になっています。


一般に、金買取という言葉からは、金の延べ棒であるとか、貴重な金貨であるとかを最初に思い浮かべるケースが多いようですが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。


メガネや金歯などもその一例です。


形がどうあれ金は金ですから、ごく普通の金縁眼鏡などだって値段をつけてもらえるのです。


これまで金の買取を利用したことがない場合、お店選びで最初は迷うものですよね。


わざわざ売りに行く以上、可能な限り高く売却できるのがいいというのは誰だって考えることですよね。


売却するお店を決める時に役立つのは、口コミやレビューなどでの評価です。


ネットレビューで高評価のところは、ちゃんとした買取をしてお客さんを満足させているのが容易に見て取れます。


買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。


一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。


中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、業者を誤魔化して、本物の金として買取させる詐欺も古くからあります。


対して、偽物を見抜く方法も色々あります。


磁石、刻印の入り方に加え、比重計があればそれが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。


最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、試金石検査という由緒正しい鑑定方法ならば、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、簡単に見分けられます。


この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。


日本経済にも大幅な景気後退をもたらしたリーマンショック以降、今までの間に、決して急速というわけではないですが、市場における金の買取価格が上がりつつあります。


また世界の金融を巡る動きとしては最近、経済破綻を起こしたギリシャの国内において、預金の引き出し制限も発動されました。


このことも、先のリーマンショックと同じく、買取市場における金の価格が上昇する要因だったと考えられます。


00:48






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++