金買取の知識

2019年02月08日(金)
【金の買取を利用する際には、古物営業法の規】
金の買取を利用する際には、古物営業法の規定に基づき、買取時の身分確認が徹底されています。


買取ショップや専門店に持ち込む場合に加えて、ネットを通じて郵送で買取を進める場合も必ず身分証の提示が必要です。


免許証や保険証、パスポートなど、公的機関の発行した身分証を提示することで、誰が売ったかを明確にするのです。


直接店に行かず、郵送で買取を進めるなら、身分証のコピーを同時に送ることによって店はお客さんの身分確認を行います。


金買取業者の中には、ネットでの申し込みを受け付けているところがあります。


買取額の目安がサイト上で見られたり、メールで簡単査定を受け付けている店もあります。


どこも様々な工夫を凝らしているのですね。


店頭での買取でも身分証を提示しますが、郵送で買取してもらう場合も、買い取ってもらう品物と合わせて、身分証のコピーを送ります。


買取で少しでも得をしようと思えば、念入りに業者を探さなければなりません。


査定にかかる手数料や、目減りによる減額が一切ない店も少なくないため、色々な情報をもとに売却先を検討してください。


手元の金製品を処分したいといっても、生活圏内には買取店がないこともあります。


そんな方は、ネットを通じた郵送買取を利用してみましょう。


ネットで個人情報などを登録すると、品物を送る専用の容器が送られてくるので、それに売却したい金製品を入れて返送するだけでOKです。


早ければ翌日には、査定の金額と確認の連絡が来て、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、銀行口座への振込で買取代金を受け取れます。


金買取をめぐる詐欺や類似の事件が多発しています。


買取業者が自宅を訪問し、言葉巧みに金の買取を持ち掛け、相場より遥かに安い価格で買い取っていく、押し売りならぬ「押し買い」とでも呼ぶべきケースが多くなっていると聞きます。


買取が持ち主にとってもメリットであるかのようなことを言いながら、断ろうとすると、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。


こうした業者は、ハナから真っ当な取引をするつもりなどなく、もちろん、ちゃんとした契約書なども出してくれません。


被害に遭わないよう十分注意してください。


金買取というのが流行っているそうですが、先日はその業者から電話がありました。


勧誘の電話にも色々あるとはいえ、買取というのは今まで聞いたことがなかったため、話だけでも聞いてみることにしました。


電話の人が説明してくれたところによると、手持ちの宝飾品や貴金属でずっと身に付けていない品があったら高額買取で引き取ってくれるということなのです。


それなら色々あったなあと思って、ネットでさらなる情報収集をしてみることにしました。


01:54






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++