金買取の知識

2019年03月07日(木)
【最近は金買取のお店も増えてきましたが、その中には手数料】
最近は金買取のお店も増えてきましたが、その中には手数料や「目減り」などを取る店もあります。


金の溶解時に目減りする分を差し引いてくる店もあります。


買取時、こういった費用を取る店だったら、表向きの買取額が高くても、最終的に受け取る現金の額が随分減らされてしまうのです。


ズルイ業者だなあ、と思う方もいるでしょう。


買取を利用する際には、事前にこのあたりを確認しておきましょう。


金製品の買取をしてもらう際には、買取店の店頭で直接品物を見てもらい、買取をしてもらう形が基本であるといえます。


鑑定士などと呼ばれる専門スタッフが直ちに商品を鑑定してくれ、適切な価格で買い取ってくれるので、郵送買取などと違って安心できます。


お客さんが不安にならないよう、金額の説明などをしっかり行っているお店も少なくないですから、お客さんとしても、ちゃんと納得する形で手放すことが可能です。


初めての方でも安心ですね。


金の買取を初めて利用する際、ぜひ注意してほしいのは、誠実で信頼できるお店を選ぶことです。


最初に目が行くのは買取金額かもしれませんが、周りの口コミやレビューなどから、その店の信頼性を入念に考えないといけません。


レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店は手を出してはいけません。


買取金額だけが高くても油断はできません。


鑑定料や手数料と称してお金を取る店もあるので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。


買取店にとって真贋鑑定は重要です。


時として、買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。


本物の金そっくりに巧妙に偽装された金メッキ製品で、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。


ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、通常時の重さと水に沈めたときの重さの差から、比重はすぐにわかります。


また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、贋物はすぐに判別できます。


「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。


金の買取を利用するとしても、勇み足になるのは正直、正解とは言えないのです。


何と言っても、金やプラチナといった貴金属は、市場での価格が上下しやすいという性質があるからです。


なので、毎日変動する金相場を気をつけて見ておいて、高くなったタイミングを見計らって売却することに全てがかかっています。


23:18






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++