金買取の知識

2019年04月01日(月)
【十年以上にわたって使用していない指輪やイヤリング、】
十年以上にわたって使用していない指輪やイヤリング、ネックレスなどの貴金属は案外多いのではないでしょうか。


ただ捨てるだけではしのびないという方は、専門のお店で売却することがいいのではないでしょうか。


貴金属の買取を受け付けているショップもあちらこちらにありますので、高値が付くかどうかまずは確かめてみてはいかがでしょうか。


金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、これはあくまで純金の価格ですから、一例として、18金(純度75%)ならば、純金の75%の価格、つまり約3500円です。


100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上となると、その重さは600グラムほどです。


指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。


近頃は18金よりも安価な10金も増えてきましたが、10金までいくと純度は半分以下の41%程度。


1グラムあたりの価格は2000円ほどです。


1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。


手持ちの金製品を買取に出す時には、実際いくらになるのか、買取額の目安が気になりますが、しかし金の値段は常に決まっているわけではありません。


金の国際価格やドル円レートは日々変わっているので、同一の金製品でも、売る日によって値段が全く違うということがあり得ます。


こういう事情がありますから、買ったとき以上の金額で買取に出したいのであれば、毎日の金相場をネットなどで確認して、金の値段が上がったタイミングを見逃さないことが大事になってきます。


せっかくの金買取。


押さえておくポイントとしては、買取価格の相場を把握することに尽きます。


できるだけ高い価格で買い取ってもらえるよう、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、売却の時期を決定するのです。


店が買い取る額は、申込の時の相場によって決まることがほとんどです。


入念に相場をチェックして、少しでも高値で金を売るのが賢い方法です。


リーマンショック以降、不要になった金製品やプラチナ製品をお売り下さいという内容のテレビCMをよくやっている印象です。


街頭だけではなく、ネットにおいても、気になって検索してみたら、高価買取を謳う宣伝のページがたくさんヒットします。


元々使わなくなって自宅に眠っていたアクセサリーなら、別にどこの店を選んでも大差ないと思う人もいるでしょうが、金の価格は相場によって変わります。


それに伴って買取価格も変わるので、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。


05:36






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++