金買取の知識

2019年04月03日(水)
【金の買取を利用する際には、お客さんの身分証の提示が】
金の買取を利用する際には、お客さんの身分証の提示が必須になっています。


買取ショップや専門店に持ち込む場合に加えて、非店舗型の業者など、対面せず郵送と振込でやりとりする場合も必ず身分証の提示が必要です。


最も一般的なのは免許証ですが、他にも保険証などの身分証の提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。


商品を発送して後日お金を振り込んでもらう形式なら、そういった身分証の写しを一緒に送ることで確認に変えるのが一般的です。


先日、祖母が鬼籍に入り、金の指輪を遺産として相続しましたが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。


買い取ってもらえると噂に聞いたものの、これまで経験がなかったので、本当に大丈夫か心配だったのですが、ホームページがしっかりしていたので、思い切って利用してみました。


私はほとんど価値はないと思っていたのですが、真剣に査定してくれましたし、気持ちよく買取手続を終えることができました。


買取額も十分納得できるもので、結果的には正解でした。


貴金属の代表といえば金とプラチナですが、より高価なのがどちらかまで把握している人はあまり居ないように思います。


基本的には、プラチナの方が金より高価とされています。


昔は特にそうでした。


要因としては、金の20分の1とも言われる、産出量の少なさの影響があります。


プラチナは年間約200トンほどしか産出されません。


金とプラチナは、いずれも安定した分子構造を持ち決して経年劣化がないので、有史以前から世界中で高い価値を認められてきましたが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、その価格を引き上げる要因となっているのです。


金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。


今は1グラム5000円くらいですね。


その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、大体3500円ほどになります。


そのため、例えば200万円以上の額面になるような18金の重さというのは、600グラムほどです。


指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。


また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、これはもはや金の純度が半分以下。


価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。


ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。


普通のサラリーマンが普通に手持ちの金製品を売る程度では、金の買取で課税されることなどないでしょう。


買取店であれば、売買で動くお金も莫大ですから、利益分を届け出て課税されているはずです。


ですが、そこまでの金額を個人がやりとりすることはないでしょう。


そうは言っても、法律が変わることもあるので、買取店の人に教えてもらうか、事前に税理士さんなどに聞いて調べるといいかもしれません。


06:48






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++