金買取の知識

2019年05月03日(金)
【派手に遊んでいる子は未成年でも】
派手に遊んでいる子は未成年でも貴金属を当たり前に持っていたりしますが、金買取の店舗では業者自身の取引の安全を守るためにも、未成年者への利用制限があるのが当たり前です。


なので、成人である証明がなければ買取の利用はできないのが一般的です。


僅かながら、18歳以上なら買取を受け付けてくれるところもありますが、その場合は親権者の署名捺印が必要なので面倒です。


また、18歳以上で親の同意書がある場合でも、高校生ならやはり買取は不可能です。


依頼してもいないのに自宅にやってきて、使っていない金製品を買い取りますなどと言い、二束三文で買い叩いていく、いわゆる「訪問購入」による被害が最近増えているようです。


この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、断ろうとすると、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。


当然、こういうことをする業者はまともな商売人ではなく、普通のお店なら出してくれる契約書なども渡されないので、取り合わず追い帰すか、警察を呼んだ方がいいでしょう。


もう身に着けなくなり、自宅で眠っている金の指輪やネックレスなどがある人は多くいるようです。


そうした品物をお持ちの方は、買取ショップへの持込みも有力な選択肢ですね。


そうした買取を専門としているお店も街頭、ネット問わず多いですから、実際にその品物が何円くらいになるのか複数のお店で見てもらって検討してみてください。


都心から離れたところにお住まいの方などは、ネットを通じた金買取も便利です。


サイト上で大体の買取価格を載せている業者も多いようです。


郵送などで買い取ってもらう場合も、店頭の場合と同様、商品と一緒に、免許証などの写しを送ることになります。


また、なるべく高値での買取を狙うなら、念入りに業者を探さなければなりません。


買取額が高くても手数料を引かれてしまう場合もありますが、手数料が一切ない店も少なくないため、それも主軸としてお店選びを進めるといいでしょう。


買取にも色々な方式がありますが、最近増えてきたのが、宅配と振込でやりとりが完結する、宅配による金買取サービスです。


どんなものかというと、買取してほしい品物をまずは店に送って、鑑定・査定をしてもらうというもので、査定結果をメールなどで確認したら、承諾の返事をし、取引成立になります。


もちろん金額に納得できなければキャンセルできます。


営業時間の制約がある店頭買取と違い、時間や地域の制約を受けることもなく、田舎に住んでいる人や、仕事が忙しい人を対象としたサービスといえるでしょう。


06:30






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++