金買取の知識

2019年07月01日(月)
【ショップやネットなどの金買取の市場】
ショップやネットなどの金買取の市場では、意外なほど様々な種類のものを売却することができます。


一般に、金買取という言葉からは、金の延べ棒であるとか、貴重な金貨であるとかが一般的にイメージされるのかもしれませんが、高級品だけが金買取の対象ではありません。


金歯などは典型的な例でしょう。


金で出来てさえいれば、眼鏡のフレームや金歯も買取ショップでは売却することができます。


金買取の世界には、業者の方から個人宅を訪れて、言葉巧みに、あるいは強迫的な態度で金製品の買取を申し出てくる場合があり、「訪問購入」として法規制の対象になっています。


業者の量ったグラム数や買取価格の基準が信用できなかったり、強引に売却に同意させられてしまったなどで、被害を訴えるケースが最近増えています。


しかし、安心してください。


訪問購入については訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、8日以内なら品物を取り戻すことができるし、なんなら8日間は品物を渡す必要すらないのを頭に入れておくことをお勧めします。


今も昔も、金持ちはさらに儲けるために色々なものに投資をします。


昔からその代表といえば金です。


何と言っても金は値崩れしにくいのです。


通貨は国際情勢でレートが変わりますが、金はその影響をほぼ受けないからです。


世界中どこでも通用する価値を持っているということも、金の値崩れが少ない理由なのです。


しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、手放す際には、今、金相場が下がっていないか、一度チェックする必要があるでしょうね。


資産を現金の形で銀行に預けておくのに加えて、ある程度の資産がある人がよく行っているのは、金(ゴールド)の形で資産を保全するというやり方です。


自分がそういうお金持ちではなくても、知っておきたいのは、金を売っている場所や、その購入手段です。


初めて金を買うときには、ホームページや店頭で金の売買価格をしっかり公表している、実績のしっかりしたお店で購入するようにしてください。


それならば、金の価格が高騰して、いざ手放したいとなった時にも贋物の心配などと無縁で済みます。


金買取では売る側にも責任が生じます。


そのため、18歳未満は、法律や都道府県の条例の定めに従い、金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。


さらに、法律の趣旨を拡張する形で、店が独自に制限を課している場合があり、18歳を過ぎていても未成年であれば単独では利用できないのが一般的でしょう。


未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、法定代理人である親が書いた同意書がなければ買取してもらえません。


15:18






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++