金買取の知識

2019年07月02日(火)
【プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサ】
プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったという何とも残念なケースがままあると聞きます。


見た目は似ていますが、両者は全く違う金属で、価値も大きく異なります。


古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。


K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、その純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。


プラチナと比べれば安いですが、それでも金ですから、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。


高価な貴金属の保管場所には皆さん気を遣われるようです。


大した量でなければ自宅に置いておいてもいいのですが、金庫くらいは無ければ安心できないでしょう。


お金持ちが一定量の金塊を保有するケースなどでは、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、警備の厳重な、銀行の貸金庫を使って保管していたり、金を販売している業者が保管設備を持っていて、有償で保存を受け付けているケースもあります。


しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、金で財産を保有することを諦め、現金にしてしまうのも一つの手でしょう。


金買取の世界には、業者の方から個人宅を訪れて、強引に金製品の売却を迫る場合があり、「訪問購入」として法規制の対象になっています。


買取金額があまりに低かったり、時にはグラム数を誤魔化されていたり、ちゃんと検討できないまま強引に買取を進められてしまったなどで、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。


ですが、対処法もあります。


金買取の訪問購入に対しては、訪問販売の場合と同じように、クーリングオフができるように法改正されたので、8日以内なら品物を取り戻すことができるし、なんなら8日間は品物を渡す必要すらないと覚えておいてください。


悪徳業者が来た時にこの知識が武器になります。


金買取のサービスが最近流行っています。


金の装飾品などは、家にずっと眠ってはいるけど、年齢に似合わなくなってしまったりしてもうずっと取り出してもいないという場合もあると思います。


家にそういうものがあれば、お近くの金買取店で売却することもできます。


とはいえ、もちろん本物でないと買い取ってもらえません。


自分は本物だと思っていたのに、鑑定してもらうと贋物だった事例もあるのです。


買取に行ってそういうことになったら、買ったときに騙されていたのだと諦めるしかありません。


依頼してもいないのに自宅にやってきて、不要な金製品を買い取るなどと言って、安い値段で買取を進める、悪質な訪問購入の事案が最近増えているようです。


まるで持ち主に利益があるかのようなことを言い、売却を渋る場合には、強引に買取を強行してくることもあるのです。


このような業者は詐欺も同然であり、後々の証拠となるような書類もほとんど渡してくれないので、こういう人間が来ても一切相手にせず、追い返すようにしてください。


15:42






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++