金買取の知識

2019年07月03日(水)
【金買取の業者って電話でも営業して】
金買取の業者って電話でも営業してるんですね。


この前そういう電話がかかってきました。


営業の電話は普段から色々かかってきますが、そういう電話は初めてだったので、ちょっと中身を聞いてみようかという気になりました。


いわく、貴金属製品で処分を検討している品物があれば買い取ってくれるという内容でした。


そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。


金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したなどというケースが割と多いようです。


ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。


プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。


ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればその純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。


代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。


金を買取に出そうと考えたとき、一般的に利用されているのは、最近多い「金・プラチナ買取」系のお店ですよね。


ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、詐欺やトラブルが有り得るのではないかと感じてしまう方が私の周りにも多くいます。


さて、そういう場合には、デパートでの買取がお勧めです。


よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。


デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、一見さんでも利用しやすいので人気なのでしょう。


金買取では売る側にも責任が生じます。


そのため、18歳未満は、責任を取れないので、法律の規定により金製品などの古物買取の利用を禁止されています。


青少年が犯罪被害に巻き込まれることを防ぐためにも、店が独自に制限を課している場合があり、未成年者は、たとえ18歳以上でも、古物売買の利用はできないところがほとんどです。


そもそも、未成年者は民法上も、単独では取引ができませんから、親が付いて行って代わりに申し込むか、親の書いた同意書の提示がなければ買取してもらえません。


金の買取において、少しでも高値を付けてもらうことを目指すなら、手数料、鑑定料などの費用が安価か無料になっているところを選択するのが何よりの基本になります。


それに、現状の金の価格相場がどうなっているか常に把握するといった工夫もできるといいでしょう。


少しずつ売るより一度に多く持ち込んだ方が買取額で有利になりますから、ごく少量、例えば10グラム程の買取なら、相場であまり差は出ません。


貴金属の高額買取という広告やサイトが最近はネット上に溢れていますが、そういうところは大抵が悪徳業者なので、上手い話に騙されないようにしましょう。


15:42






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++