金買取の知識

2019年07月07日(日)
【これまで金の買取を利用したことがない場合、一番肝心な】
これまで金の買取を利用したことがない場合、一番肝心なお店選びの段階で慣れていないと悩む人が多いみたいですね。


少しでも高値を付けてくれるお店を選びたいというのはすべてのお客さんが思うことでしょう。


初めての方が注目するべきは、ネットで見られる、お客さんからのレビューや口コミです。


ネットレビューで高評価のところは、買取に不備がなく、信用が置けるお店であることを示しており、参考になります。


金を買ったはいいが、どうやって保管すればいいか?という問題があります。


あまり量が多くなければ自宅に保管することになるでしょうが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。


自宅に置いておける限度を超えて金を所有するときは、やはり自宅保管では心配なので、自宅には流石に置かず、銀行で大きな貸金庫を借りている場合や、金を売買する業者でも有料の保管サービスを受け付けています。


しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、金で財産を保有することを諦め、現金にしてしまうのも良い方法だと思います。


リーマンショックやギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が高騰していると聞いたので、専門店で買い取ってもらったという時、年間20万円以上の利益が出ている場合などは、これを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。


インゴットなどの地金を売却した際の利益は、通常は譲渡所得として総合課税に含まれるのですが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。


売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら実質的には税金は課されないということです。


不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って店に持って行くと、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したというエピソードはよく聞きます。


もちろん、両者は別物です。


古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。


アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、ホワイトゴールドだという証です。


なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。


リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、金買取を扱うお店も増えてきたので、ネットで情報収集することもお勧めです。


金に限った話ではないですが、貴金属は相場変動が激しいので、手放すタイミングはよく検討しなければなりません。


店舗や業者によって、手数料の有無なども違いますので、よく調べないまま店舗に行ってしまうと、他の店と比べて大幅に買取額が下がることもあります。


なお、自宅まで突然やってきて買取を申し出るような買取業者はトラブルや詐欺も多いので、気をつけてください。


19:24






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++