金買取の知識

2019年07月10日(水)
【もう何年も使っていない指輪やイ】
もう何年も使っていない指輪やイヤリング、ネックレスなどの貴金属は案外多いのではないでしょうか。


そうした品物をお持ちの方は、買取サービスを利用して現金化するのを検討してもいいと思います。


貴金属の買取を受け付けているショップも最近は増えてきましたので、本当に高額で売却できるかどうか鑑定に持ち込んでみるのをオススメします。


金の取引は昔から犯罪と切っても切り離せない仲であり、時には偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。


メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。


しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。


比重計という道具を用いれば、水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。


また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、金の表面を少し削り取ることで、簡単に見分けられます。


この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。


要らなくなった金のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、刻印を見てみるのがいいと思います。


一般に流通している金製品には、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。


数値が大きいほど、純度の高い金です。


K24なら24分の24で100%が金、K18なら24分の18で75%が金だと思えばほぼ間違いありません。


金に限らずプラチナなどの貴金属では、純度の割合で販売や買取における価格が大きく変わるのです。


税金は何をしても掛かるものですが、ごく少量の取引であれば、金を専門店に売却しても税金はかかりません。


専門に金買取を扱う業者などだと、売買で動くお金も莫大ですから、利益分を届け出て多額の税金を納めていることと思います。


ですが、そこまでの金額を個人がやりとりすることはないでしょう。


基本的には気にしなくていいと言えますが、しかし税法も割と頻繁に変わるものなので、税理士法人のホームページなどで情報を検索してみるのが得策ですね。


今では身に着けなくなった金製のアクセサリーなどを買取に出す際は、留意すべき点があるのです。


すなわち、ある金製品を買取に持ち込むとしても、持ち込む店舗により、実際に自分が受け取れる金額はそれぞれ異なっていることです。


ですから、買取額の基準や、手数料などのルールを確認しておいて、どの店に売却するか熟慮して判断するべきでしょう。


22:18






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++