金買取の知識

2019年09月04日(水)
【最近はブランド物を持っている】
最近はブランド物を持っている子供も多いですが、18歳未満は責任を取れないので、法律の規定によりお店に行っても買取してもらえないのが原則です。


さらに、法律の趣旨を拡張する形で、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、20歳未満は売却できないのが通例です。


たとえ未成年者からの買取を受け付けている店舗であっても、親が付いて行って代わりに申し込むか、親の書いた同意書の提示が必要な場合がほとんどでしょう。


貴金属の代表といえば金とプラチナですが、より高価なのがどちらかは知っていますか?最近は金の価格も高騰してきましたが、基本的により高価なのはプラチナです。


一時期は金の3倍ほどしたのです。


理由としては、金の20分の1とも言われる、産出量の少なさの影響があります。


プラチナは年間約200トンほどしか産出されません。


金やプラチナは光沢も美しく、化学的にも非常に安定した物質なので、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、1グラム5000円を超えるほどの高値の理由になっています。


最近はどこでも金買取の店を見かけるようになりました。


利用時の注意点は、一にお店選び、二にも三にもお店選びです。


広告に出ている買取額以上に、その店が本当に信用できるのかどうかを十分見極める必要があるでしょう。


ちょっとでも悪評判が付いている店はトラブルに遭う前に避けて通ることです。


買取価格は高い方がいいと思うかもしれませんが、それで客を釣っておいて、いざ査定の段で様々な手数料を取ろうとする店もあるので、利用する前に確認しておきたいところです。


最近メジャーになっているのが、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。


この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでお店に送付し、お店での買取と同様、買取金額を査定してもらいます。


買取額の通知を受けたら、その額でよければ売却し、納得いく金額でなければ品物を送り返してもらいます。


店まで行くのが大変という人も多い店頭買取と違って、ネットの申込なら時間や場所は関係ないので、店に行く時間がなかなか取れない人には嬉しいですね。


金の買取を業者に依頼するにあたって気を付けなければならないのは、何と言っても相場の見極めに尽きるでしょう。


安く手放しすぎて後から悔やまないためにも、相場を欠かさずチェックして、いつ買取に出すかを決めましょう。


金買取では、申込時の相場により買取額が変動するというケースが多くなっています。


相場の確認を欠かさず、少しでも高値で金を売るのが賢い方法です。


19:00






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++