金買取の知識

2019年11月07日(木)
【近頃では、不要になった金製品やプラチナ製品をお売】
近頃では、不要になった金製品やプラチナ製品をお売り下さいという内容のテレビCMをよくやっている印象です。


実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、ためしにgoogleなどで検索してみても、多くのヒットがあり、いかにそういうお店が多いか思い知らされます。


元々使わなくなって自宅に眠っていたアクセサリーなら、別にどこの店を選んでも大差ないと思う人もいるでしょうが、金の相場が大きく変われば当然、買取金額にも影響が出るので、少しでも高く売りたければ、相場を日々確認しておきましょう。


金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。


今は1グラム5000円くらいですね。


ここに示される価格は、純度100パーセントの金(純金)の場合です。


これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、大体3500円ほどになります。


そのため、例えば200万円以上の額面となると、その重さは600グラム弱です。


ちなみに指輪一つが5グラムから10グラム前後、喜平ネックレスなら40グラムから100グラムでしょうか。


また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。


これで200万円を稼ごうと思えば、1キログラム以上も必要なのです。


金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。


純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、金の純度が100%未満であれば、18Kなどと表現します。


「18金」などと言われるのはこれですね。


例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。


18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトと色々な種類があるのです。


ある金製品が幾らで売れるかの目安として、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。


消費増税が思わぬ儲けのチャンスだと知っていましたか? 金を買う時には、もちろん消費税も課されるのですが、買った金を買取店に持って行って売ると、お店から受け取る買取額には消費税分が上乗せされるのです。


そのため、元々金を持っていれば、増税後の売却により、消費税の差額分が利益になるのです。


今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。


さらに、日本は諸外国と比べて消費税率が低いので、日本で金を購入し、消費税率が20%を超えるヨーロッパ諸国のような国に持って行って売却することでも同様に利益を上げられる可能性があります。


近年では、店頭ではなくネットを通じて金買取を行う業者も出てきています。


実際に申し込む前に、オンライン査定で大体の目安がわかる店もあります。


どこも様々な工夫を凝らしているのですね。


しかし、郵送で買取を行う場合、商品と一緒に、免許証などの写しを送ることになります。


また、なるべく高値での買取を狙うなら、条件の良いお店を選ぶことが大切です。


買取額が高くても手数料を引かれてしまう場合もありますが、手数料が一切ない店も少なくないため、店舗選びの際の参考にできます。


20:48






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++