金買取の知識

2019年11月09日(土)
【初めて金買取を利用する方が必ず気にされることと】
初めて金買取を利用する方が必ず気にされることといえば、自分の手元の金製品は、一体いくらの値段を付けてもらえるのか見込額を知ることだと思います。


製品の価値はモノによって異なりますが、金自体の価格の計算法を知っておけば目安になります。


金の国際価格はドルで表されています。


それを1トロイオンス(約31グラム)で割って、ドル円レートを掛ける。


これによって日本国内の金価格が計算できます。


こういう情報一つでも、知ると知らないとでは大きな差があります。


計算法を知っておき、買取店の提示している価格が妥当なものか判断できるようになっておくといいでしょう。


長年身に付けていない貴金属があれば、買取に出すのも手です。


とはいえ、店舗ごとに売却金額は変わりますから、ネット上のランキングや口コミなどをよく調べてなるべく高値になりそうな店を選ぶべきです。


特に、売りたいものが多い場合、僅かな基準額の差で大きな違いが出るため、店の選択には注意しましょう。


リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、多くのお店で金買取を取り扱うようになったので、昔より利用を検討しやすくなりました。


相場の変動によっても大きく買取金額が変わるので、いつ売るかで大きく買取額が変わってきます。


さらに、お店によって鑑定料や手数料のシステムも異なるので、よく調べないまま店舗に行ってしまうと、後からひどく後悔するケースも有り得るのです。


また、訪問購入といって、向こうから自宅にやってくるタイプのところは、詐欺スレスレの酷い営業をしている場合が多いです。


買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。


精巧に作られた贋物を金と偽って店に持ち込む輩もいます。


メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、業者を誤魔化して、本物の金として買取させる詐欺も古くからあります。


とはいえ、比重計を用いて品物の重さを測定すれば、それが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。


また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、たとえ見た目や比重を似せてあっても、贋物はすぐに判別できます。


「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。


税金は何をしても掛かるものですが、ごく少量の取引であれば、金買取に伴う税金は、控除枠などを適用して実際にはゼロになります。


買取店であれば、取引の量が個人とは違いますから、利益分を届け出て納税しています。


その点、個人ではよほどの資産家でもない限り、課税対象になるほどの取引はしませんよね。


そうは言っても、法律が変わることもあるので、税理士法人のホームページなどで情報を検索してみるのが得策ですね。


21:06






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++