金買取の知識

2019年12月01日(日)
【近年、一般的になってきた金買取】
近年、一般的になってきた金買取。


しかしその利用において注意すべきは、一にお店選び、二にも三にもお店選びです。


広告に出ている買取額以上に、怪しげな店ではないか、本当に信用していいのかをよく調べてから利用しましょう。


少しでも怪しげな点がある店はトラブルに遭う前に避けて通ることです。


買取価格は高い方がいいと思うかもしれませんが、鑑定料や手数料と称してお金を取る店もあるので、事前に入念に確認することが大事です。


金を買取に出そうと考えたとき、多くの方が思い浮かべるのは、金買取の専門店や、質屋などだと思います。


そうは言っても、一見さんお断りのような雰囲気があったり、裏から怖いお兄さんが出てくるのではないか、などと思っている人が少なくないと思われます。


そんな方でも安心して利用できるのが、デパートの金買取ですね。


常設のお店がなくても、期間限定の催しとして行っている場合も少なくありません。


デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、初めての方でも利用しやすいでしょう。


長いこと自宅に眠っている金製のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、刻印を見てみるのがいいと思います。


市場において金の純度を証明するため、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。


K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。


金の純度は伝統的に24分率で表されており、K24なら純金だという意味です。


もちろん、この純度が何%であるかによってその金製品の買取価格も違ってくるということになります。


誰でも気軽に利用できる金買取ですが、重要なのは、実際幾らくらいの金額で買い取ってくれるのかを事前に知っておくことでしょう。


製品の価値はモノによって異なりますが、金自体の価格の計算法を知っておけば目安になります。


その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、ドル円レートを掛ける。


これによって日本国内の金価格が計算できます。


買取で損しないためにも、こうした計算法や相場を知っておいて、適正価格での買取が行われているのか判断できるようになっておくといいでしょう。


金買取業者の多くは法律を守って適正に買取を行っていますが、中には悪質な詐欺の事例も存在しています。


悪質な詐欺のケースは、訪問型の買取に多いと言われています。


主婦やお年寄りを狙って家を訪問し、しつこく金製品の買取を勧めてくるという事例です。


こうした訪問購入は近年問題視され、法規制もされていますが、ほとんど二束三文の値段で換金させられたり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。


少しでも話を聴く余地を与えてしまうと強引に押し切られるので、しっかりと拒絶し、自分の財産は自分で守りましょう。


12:24






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++