金買取の知識

2020年01月09日(木)
【金に限った話ではないですが、古物買取においては、】
金に限った話ではないですが、古物買取においては、多くの店では買取時の身分確認を徹底しています。


従来通りにお店に行って買取してもらう場合は勿論のこと、商品を先に送ってお金を振り込んでもらうなどの形式も必ず身分証の提示が必要です。


買取手続を進める前に、免許証や保険証などの提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。


直接店に行かず、郵送で買取を進めるなら、免許証などをコピーして同封することで必要な手続きに変えるというのが普通です。


身につけなくなって久しい金やプラチナのアイテムを持て余している人は案外多いようです。


そのまま眠らせておくより、買取に出すことをお勧めします。


貴金属を買取してくれる店を探して、サイトやチラシで買取額を調べ、より高い値段で買取してくれるのはどの店か色々と見て比べてみるといいでしょう。


店によっては手数料や査定料を買取価格から差し引いてくるので、表面的な買取価格だけではなく、色々な情報を確認しておきましょう。


自宅にある貴金属を買い取ってもらう場合は、買取ショップに売りたいものを直接持っていく形が基本であるといえます。


プロの鑑定士がその場で商品を鑑定してくれて、すぐに現金化できるため、詐欺やトラブルとは無縁だといえます。


査定額の理由などをちゃんと説明してくれるお店も少なくないですから、満足いくような価格で手続を進めることができるようになっています。


アクセサリーなどの金製品を手放したいと思っていても、生活圏内には買取店がないこともあります。


そんな方は、WEB上で気軽に申し込める郵送買取がオススメです。


まずは住所・氏名などを書いてフォームで送信することで、商品を入れる容器が自宅に届くので、査定してほしい品物を入れて送り返します。


その到着後、買取額を通知するメールなどが届きますから、その額が納得いくものであれば、承諾の返事をすると、銀行口座への振込で買取代金を受け取れます。


要らなくなった金のネックレスがいくらで売れるか気になる人は、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。


一般に流通している金製品には、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。


このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。


K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントだという意味です。


金に限らずプラチナなどの貴金属では、純度の割合でその金製品の買取価格も違ってくるということになります。


18:12






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++